BLOG

室内ドアの種類とそれぞれの特徴

ドア

室内に設置するドアには様々な種類があり、選ぶドア次第で印象や使い勝手も変わってきます。

今回は様々なドアのメリットデメリットをご紹介します。 じっくり考慮しながら室内ドアを選んでください。

開きドア

最もポピュラーで、片側が吊り元になっていて、ドアノブを回して開くドアです。 洋室に取り付けられることが多いです。

メリット

引き戸に必要なドアをスライドさせるためのレールがいらないので、掃除がしやすいという点がありま す。 また他のドアよりも機密性が高いというのもメリットです。

ドアの片側が開くので、引き戸のように開いたドアをしまっておく戸袋が必要ありません。 両サイドの壁に戸袋を設置する必要がないため、ドアの横の壁にコンセントやスイッチを設置すること ができ有効活用できます。

デメリット

ドアの開閉部分のスペースが必要であるという点が大きなデメリットです。開閉する時には大きく開く のでその分のスペースは使うことができません。 廊下に設置した場合は廊下を歩く人にぶつからないように部屋側に開くドアにするか、出入り口そのも のの位置を工夫する必要があります。

また開き戸は風で勢いよく閉じてしまうことがありますので、ドアストッパーを使用するなどして危険 がないようにしたほうがよさそうです。

引き戸

引き戸
戸を壁に対して平行にスライドすることで開け閉めするタイプです。

メリット

開閉する際のスペースが小さいので、開き戸のように前後の開閉部分のスペースを確保する必要はありません。 ドアを開けた際にもそこに人がいてもぶつかる心配がないので安全性も高いです。

また風で勝手に閉まるということもありません。そのためドアを固定せずに開けっ放しにしておくこと も可能です。

デメリット

設置するためにはドアを収納する戸袋が必要なので、そのためのスペースが必要です。ドア一枚分のスペースですむ開き戸に対し、引き戸はドア2枚分のスペースが必要になってきます。

戸袋部分にはコンセントやスイッチをつけることができないので横のスペースを利用することは難しい でしょう。 またドアをスライドさせるためのレールにゴミが溜まりやすいので掃除の手間がかかってしまいます。 機密性は開き戸よりも低いので音がきになる部屋の設置は配慮が必要です。

引き戸には他にも種類があります。 「引き込み戸」「引き分け戸」「引き違い戸」です。

引き込み戸は戸袋が集めに作られており、ドアが完全に収納されます。 メリットは引き戸のように戸袋部分の壁がデットスペースにならず有効活用できます。 ただ、戸袋部分は狭く非常に掃除がしずらいというデメリットがあります。

引き分け戸は一本のレールの上を二枚の扉がスライドする仕組みです。 扉2枚分の大きさのドアになるので開いたときには非常に開放感があります。引き違い戸は二本以上のレールの上に二枚以上の扉をスライドさせて開閉させるドアです。 襖や障子がこのドアになります。

折れ戸

連結させた扉を折りたたんで開閉するドアです。

メリット

開閉スペースが開き戸に比べ少なく済むので、狭い空間に面した収納扉に用いられることが多いタイプ です。 クローゼットなどにも用いられるドアで、全開した時には中が全てみえるので物を取りやすいです。

デメリット

小さいお子さんがみえる場合は指を挟んでしまうおそれがあります。開閉にもコツが必要なのでそうい った点も考慮する必要があります。

このページのまとめ

まとめ女子
室内ドアにも様々な種類があります。 ドアにはいろいろな開け方のものがあり、それぞれメリットデメリットがあります。

スペースの問題もありますので、ドアを設置する際にはそうした良さをきちんと把握して使いやすいドアを選んでいくことが大切ですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.