BLOG

フラット35Sの基準は厳しい?

前項でフラット35という住宅ローンを紹介しましたが、購入する住宅がフラット35の基準を満たした上で、さらにプラスαの条件を満たしていれば入れる「フラット35S」という住宅ローンがあります。フラット35より優遇されるというローンですが、どのようなローンでどのような条件を満たせば入れるのでしょうか?

今回はフラット35S について紹介します。

フラット35について

フラット35Sの説明の前にまず、フラット35について紹介します。

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する
最長35年の全期間固定金利住宅ローン です。

一般的な住宅ローンは、民間金融機関が単独で貸付をするため、長期固定金利で貸すことが難しいとされています。その民間では扱いにくい長期固定金利の住宅ローンを、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が始めたのが フラット35 です。住宅金融支援機構が民間金融機関から住宅ローンを買い取り、それを担保にした債権を発行することで、長期的に資金調達するしくみをつくり、民間の金融機関が長期間固定金利での住宅ローンの提供を可能にしました。

【フラット35の主な特徴】
・返済までずっと金利が固定されている安心の固定金利
・保証料0円
・繰上返済手数料0円
・団体信用生命保険への加入が任意

フラット35の審査を受けるためには、独自に定めている条件を満たす物件でなければいけません。
【フラット35の条件】
・床面積70㎡を超える一戸建て住宅または床面積30㎡を超えるマンション
・住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する
・土地取得費を含む住宅の建設費または購入価額が1億円以下の住宅
簡単にまとめるとこの3つの条件をクリアしなければ審査を受けれません。

フラット35Sについて

フラット35Sは、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅向けに
フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度 です。

金利引下げの期間は取得される住宅の技術基準によって、
当初10年間引下げの「Aプラン
当初5年間引下げの「Bプラン」
があります。

フラット35Sは優良住宅取得支援機構であるため、フラット35よりも厳しい建築条件が課せられています。具体的には「省エネルギー性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」の4つの基準があり、いずれかひとつを満たしていることが条件となります。

【フラット35】S Aプラン(当初10年間金利引下げ)

【フラット35】A Bプラン(当初10年間金利引下げ)

ただし、フラット35Sはトータルの募集金額があり、その金額に達する見込みとなった時点で受付が終了 するため、注意が必要です。また、優遇金利は変動しているので、正しい金利は住宅金融支援機構のホームページで確認してください。

まとめ

フラット35Sは、フラット35の金利優遇が受けられるタイプの住宅ローンであり、金利優遇が金利Aプランおよび金利Bプラン共に適用期間があらかじめ決まっておりますが、フラット35を希望されている多くの方のプラスになるのは確かです。ぜひ住宅ローン検討のひとつに追加してみてください。この記事が住宅ローン検討の参考になれば幸いです。

 

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.