BLOG

固定金利 vs 変動金利 どっちがお得?

住宅ローンを組む時に、気になるのはやはり「金利」でしょう。金利には「固定金利」と「変動金利」がありますが、一体どちらの方がお得なのでしょうか?

今回は、固定金利と変動金利のそれぞれの特徴とメリットデメリットを紹介します。

固定金利について

固定金利は ローンを借り入れた時から金利が固定できるローン です(期間は商品によって様々です)。固定金利には「固定金利期間選択型」と「全期間固定金利型」があります。固定金利期間中は金利水準が変化しても、金利は見直されないため返済額は変わりません。

固定金利選択型であれば契約時に3年、5年、10年などといった固定金利期間を選びます。例えば当初固定金利10年で毎月の返済額が10万円だった場合、10年間は金利が固定されているので返済額は10万円のまま変わりません。最初に定めた固定金利期間が終わったら次の金利タイプを選択します。引き続き固定金利を選択することも可能です。

【メリット】
・金利が固定されているため、安心感 がある
・ローンを返し終わるまでずっと金利が上がらず将来の見通しがつきやすい

【デメリット】
・変動金利より金利が高めに設定されている
・金利が下がらない
・今後低金利で推移すればトータルの返済額が変動金利より多くなる

金利が固定される期間は、商品毎に異なります。
「固定期間選択型」 一定期間は固定期間で、その後は固定金利か変動金利かを選べます。
「段階金利型」 10年間金利が固定され11年目にアップするなど、段階的に金利が変更されます。
「全期間固定型」 契約時の金利が完済時まで適用されます。低金利時代に借りれば、お得な上に将来の返済リスクも軽減されます。代表的な商品が、前回紹介したフラット35です。

変動金利について

返済途中に 定期的に金利が見直されるタイプ を「変動金利」と言います。金利は半年ごとに見直され、それに伴って返済額においての元本と利息の割合が変更されます。急激な金利の上昇があれば、返済額がほとんど利息部分となる可能性もあるため注意が必要です(金利が上昇した場合、利息の割合が増え、元本はなかなか減らない状況となってしまいます。)。

【メリット】
・固定金利よりも金利が低めに設定されている
・今後金利が上昇しなければ、ずっと低金利を享受できる

【デメリット】
・将来金利が上昇するリスクがある
・金利が上昇すれば返済額も上昇し返済が苦しくなる不安がある

固定金利と変動金利 どちらがお得なのか

固定金利と変動金利では、一般的に変動金利の方が金利が低くなっています。最近では、変動型を選ぶ人が半数近くを占めていて、その次に固定期間選択型で、全期間固定型は2割に満たないそうです。

変動金利の方がお得なプランのように偏って聞こえてしまうかもしれませんが、今後の金利の動き次第ではどうなるかがわからないのも変動金利です。そもそもの金利自体が低い低金利時代の今だからこそ、固低金利を選択して堅実にローンを向き合っていくのもいいかもしれないですね。実際に、固定金利を選択する人が増えているそうです。

まとめ

「固定金利」を選ぶか「変動金利」を選ぶか。いくら考えても正解は見つかりません。借入額、返済期間、家計状況はそれぞれ違うからです。

情報収集を怠らず、将来も見据えた上でシミュレーションをしましょう。それぞれの特徴・メリットデメリットを十分に理解し、各々の状況にあったタイプを慎重に選びましょう。

 

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

Please enter an Access Token on the Instagram Feed plugin Settings page.