BLOG

マイホーム資金の前に考えること

家づくりの資金は多いに越したことはありません。しかし、これから貯めようと思ったらいつ建てれるのかわかりませんよね。マイホームのために貯金しようとするその前に一度家計を見直してみましょう。

今回はマイホームを建てるにあたっての家計の見直しについて紹介します。

なぜ貯金より「見直す」のか

マイホーム資金を考えるとまず貯金をしようと思う人は多いでしょう。まず貯金となると、買える時はいつになるのでしょうか。低金利時代の今、実は住宅ローンを安く借りれる絶好のタイミングなのです。ということはマイホームの買い時なのです。マイホームを考えるにあたり貯金も大切ですが、まずは家計を見直してみましょう。

今の生活の支出に ムダ はないでしょうか?
もし、毎月の支払いに「ムダ」があったらすぐに見直しましょう。その「ムダ」の分をそのまま住宅ローンの月々の返済に回すことができるのです。たとえわずかな金額だとしても、積み重ねれば大きな資金になり、それだけ大きな予算を組めるのです。ということは計画予算よりさらに素敵なマイホームを建てれるのです。

例として、家計支出の見直しにより毎月3万円捻出できたとします。
この3万円を現在検討中の住宅ローンの返済額9.9万円に充当すると毎月の返済額は9.9万円+3万円=12.9万円となります。そうすると、計算上は借入金額を3000万円から3895万円(約900万円増加)へ無理なく増加することが可能というわけです。

見直すポイント ~ 保険 ~

月々の支出の中で、「ムダ」と判断されにくいけども、見直すと大きな金額が捻出できるものに 生命保険 があります。若いうちから入っていれば掛け金がそんなに高くないためあまり負担になりませんが、トータルでみると「生命保険」はマイホームの次に高いお買いものになります。

・団体信用生命保険
住宅ローンを組む時、ほとんどの場合で団体信用生命保険に加入します。この団体信用生命保険とは、住宅ローン返済期間中に、契約者が死亡したり高度障害を負った際に、住宅ローンの残金の部分が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算できるという内容の保険です。

・遺族年金
国民年金や厚生年金などの公的年金に加入している家庭の大黒柱が亡くなった場合、残された家族には「遺族年金」が支給されます。

マイホーム購入前に生命保険に加入していた場合、万が一のときの生活費の中に住居費を含めて考えていた方もいるでしょう。しかし、住宅ローン契約によりこの団体信用生命保険に加入したことで、住居費を心配する必要がなくなりました。また、遺族年金で生活費の部分をカバーすることもできます。

つまり、マイホーム購入後に生命保険を見直すときは、生活費から「遺族年金」と「住居費」を差し引いた金額分の保障 を考えれば良いということになります。

見直すポイント ~ 通信費 ~

固定費の「携帯電話」「インターネット回線」「固定電話」の通信費も料金プランの見直しで節約しやすい費用です。

・携帯電話の料金プランの見直し

・格安スマホへの乗り換え

・自宅にwi-fi環境を設置する

・固定電話をインターネットとセットになったIP電話に変える

・固定電話の必要性を考える

などの見直し項目があります。環境を変えることで大きな節約に繋げることも可能となります。

まとめ

以上、マイホーム資金を考えるにあたっての家計費の見直しについて紹介しました。

家計を見直すだけで、マイホーム予算をアップさせることも可能なのです。厳しい目をもって、家計を見直して「ムダ」を無くして、より素敵なマイホームを建てましょう!!

 

 

最新記事

おすすめ記事