BLOG

マイホームへのこだわり

こわだりをつめこむ

マイホームを建てることは、ほとんどの方が一生に一度しかないのではないでしょうか?なので、マイホームは家族の希望を集めた夢の塊のような存在です。そんな憧れのマイホームを建てる時には、こだわりをとことん詰め込みたいですよね。だからこそ、ついあれもこれもと欲張ってしまいがちです。ではどのようにこだわりを詰め込めば良い家づくりができるのでしょうか?

今回はこだわりを上手に反映するヒントを紹介します。

こだわりを詰め込むときに陥りやすいポイント

家づくりなんて、一生に一度のことなんだから長年の夢を実現させたい!
と予算的に無理をしてしまうのは、家を建てる際によくやる失敗です。

自分の家を持つわけですから、こだわりポイントは誰にでもあることでしょう。そのこだわりポイントを次々に詰め込み、いざ総予算を出してみたら予算をオーバーしていた!なんてことはよく聞く話です。こだわりを実現したいがために無理をして月々の支払いを増やしてしまうことになりかねません。

また、設計段階や工事段階で魅力的な追加オプションを提案され、ついつい盛り込んでしまうケースも多いでしょう。これは後々ご自身の首を絞めてしまうことになるので、注意が必要です。

こだわりを上手に詰め込むヒント

こだわりを次々と詰め込んだ結果、予算的に無理をすると日常の生活で無理をすることになりかねません。こうした事態を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?実はすごく簡単なことなのです。

1)建てたい家の基本的な間取りや外観を決める。
2)こだわりポイントに優先順位をつける。
3)予算が許すかぎりで優先順位順にこだわりを採用する。

ただこれだけです。こだわりポイントをあきらめるのではなく、可能な範囲でこだわろうということです。

夢やこだわりを諦めるのではなく、予算が許す範囲で叶えていくという
引き算(諦める)ではなく、足し算(叶える)の家づくり
こう考える方が、家づくりが楽しくなるし、満足度はぐんと高くなるでしょう。

こだわりの例

夢のマイホームにこだわるポイントは人それぞれです。実際に家を建てた方はどのようなところにこだわったのでしょうか?こだわりポイント上位のものを紹介します。

1.キッチン
キッチンは奥様のこだわりポイント上位です。オープンキッチン・カウンターキッチン・アイランドキッチンなど、キッチンにはさまざまな様式があるなかで、それぞれが異なる使用用途を持っています。したがって、キッチンのデザインを選択する際には、キッチンを使う頻度の高い人の意見を取り入れましょう

2.収納
収納も、同じく家の中の上位こだわりポイントでしょう。ウォークインクローゼット・壁面収納・見せる収納・隠す収納など、その様式は多種多様です。荷物の量に見合った収納スペースを作ることが重要です。

3.水回り
浴室・トイレ・洗面所など、水周りのデザインに特にこだわる人も多くいます。温泉やホテルにあるような浴室を、家の中で再現するのも素敵でしょう。

4.リビングダイニング
家族で過ごす団欒スペースであるからこそ、動線やインテリアの配置などを慎重に選択したい空間です。

5.庭/ベランダ/バルコニー
ウッドデッキのバルコニーやルーフバルコニー、奥行きのあるベランダなどなど、ベランダに対するこだわりは人それぞれでしょう。ベランダの一般的な使用用途して洗濯物を干すことが挙げられますが、BBQや庭園・菜園づくり、リラックスなど、その使い方は沢山あります。

まとめ

せっかく家を建てても、そのあとの生活が苦しくなってしまったら家を建てた意味が無くなってしまいます。

家づくりの際は家族みんなで話し合い、家で生活する毎日が良い思い出で溢れるようなそんな素敵なマイホームを建てたいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事