BLOG

家づくりのポイント

家づくりをするにあたって

マイホームはとても大きな買い物であり、ほとんどの方が一生に一度の買い物となるでしょう。理想の家に近づけるべく、事前にたくさんのことを調べ、しっかり勉強するということはトラブルを避けるためにも必要なことかもしれません。

家づくりを始める前に考えておくべきなのはどんなことなのでしょうか。今回はそのポイントを紹介します。

家づくりの3つのポイント

家を建てると考えてから、家ができるまでにはさまざまな問題があり、ひとつひとつ解決しなければなりません。理想の家を目指すには
・土地選び
・建築計画
・資金計画
大きくわけて、この3つのポイントが重要となってきます。

「家をつくろう!」と思ったら、まず家族で話し合いましょう。家族にどう暮らしてほしいのか、予算や場所・設備など家を建てる時に優先順位をどう考えているか、住みたい街はどんな街なのか、家族と話し合って大事なものを考えて整理していくと、きっと『理想の家』像が浮かび上がってくるはずです。その時にこの3つポイントを考えながら話し合うことをおすすめします。

土地選び

土地選びは、立地・道路との関係・その土地に建てられる物件など様々な条件を考慮して探さなければなりません。もし良い土地が見つかったとしても、その土地が自分たちの建てたい家に合っているかどうかの見極めも必要となるでしょう。そのためには、土地を探す前にまずは家族で話し合い、希望する土地の条件について整理しておきましょう。

条件としては、予算や広さ、沿線・最寄駅、駅からのアクセス、学区などが挙げられるでしょう。また、土地は更地ばかりとは限りません。古い建物が建っている「古家付き」は建物の解体費用が別途かかりますし、「建築条件付き」の土地は売主が指定する建築会社と一定期間内に建築工事請負契約を結ぶことが条件となります。こうした土地も含めて探すかどうかも、事前に考えておきたいポイントとなります。

建築計画

これから建てる家には、家族の願いと将来の生活がかかっています。綿密なプランニングが欠かせないでしょう。

前述でもありますが、まずは家族で話し合い、どのような家に住みたいのか何を優先すべきなのか考えましょう。「どのような暮らしをしたいのか」という家族のライフスタイルを思い描くことことで「理想の家」像が浮かびあがるでしょう。

『理想の家』像ができたら、次は施工会社選びです。施工会社選びにて重要なのは、希望のイメージにあった設計・施工をしてくれること、何でも相談しやすいことです。これらは家づくりを進めていく上でとても大切なことです。そして、建ってから何十年も住んでいく家ですから、技術力や工事における品質管理、保証、アフターメンテナンスへの取組みなども、十分にチェックして施工会社を選びましょう。

資金計画

一番大切と言えるのが資金計画です。まずは現在の貯蓄額をしっかりと把握し、自己資金はいくら用意できるのか、無理なく毎月返済できる金額はいくらなのか、など総合的に考えて「土地代+建物代」となる予算のメドをたてましょう。また土地にいくら、建物にいくらかけるのかは、住みたいエリアの地価相場を事前に調べて、目安としてもよいでしょう。

その際に注意したいのが、建物代には建築費のほかに、電気・ガス・外構工事などにかかる付帯工事費、調査費や検査機関等への申請費、さらに新居への引越代や新調する家具代など、建築以外にもさまざまな費用が必要になることです。これはおおよそ建物代の総予算うちの70~80%が実質の建築費となります。またこうした費用は通常引き渡しまでに支払うことが多いため、事前にお金の用意が必要になることも注意です。

まとめ

家を建てるには、どんな家を建てようかと建てたい家のイメージを検討する事はもちろんですが、ハウスメーカーや工務店等の住宅を建築する会社を選んだり、建築計画に必要な土地の選定や家を建てるための費用や頭金・住宅ローンの支払いなどの資金計画や利用する住宅ローン選びなど、色々な側面から検討しなければなりません。

ほとんどの方にとって、家を建てたり・買ったりすることは、はじめての経験です。焦らず、迷わず家づくりを進めるために、情報を集め、プロに相談し、快適で満足できるような家づくりができるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事