BLOG

家づくりの流れ

家を建てるにあたって

いざ家を建てようと思っても、何からすべきかよくわからない方も多いのではないでしょうか?家を建てると決めてから完成までには、土地探しや施工会社選びに始まり、打ち合わせ、工事とさまざまなステップがあります。この流れを知っておくと、全体のプランニングがしやすくなります。

今回は家を建てるにあたって、おおまがな全体の流れを紹介したいと思います。

家づくりの流れ

1 情報収集

モデルハウスや住宅展示場等を訪れたり、広告やインターネット、不動産情報誌から必要な情報を得る。

2 資金計画を立てる

自己資金と月々に支払える額から住宅にかけられる資産を把握し、住宅ローンがいくら借りれるか試算する。

3 建物・土地の具体的な要望をリストアップする

環境や土地のロケーション、どんな家が良いか家族と話し合い、優先すべき点を挙げておく。

4 土地探し

予算と希望に合う土地を探す。

5 土地の売買契約

契約を結ぶ

6 敷地調査

住宅を建てるのに土地自体が適しているか調査する。地盤が弱い場合は補強工事を行う。

7 プラン・見積もり作成

気になるハウスメーカー・工務店・建築事務所 へ家の希望を伝えて、見積書を作成してもらう。

8 請負業者の選定

家を建ててもらう施工会社を選定し、契約・手付金を払う。

9 見積もりと建築プランの調整

設計プランを細かく決め、仕様を決めていく。

10 建築確認申請

役所へ建築確認申請を提出する。(一般的には業者が行う)

11 確認済証の交付

問題がなければ建築確認申請後からおよそ3週間で交付される。確認済証が無ければ着工することができない。

12 住宅ローン申請

銀行に住宅ローンの申請を行う

13 地鎮祭を行う

地鎮祭とは工事の無事と安全・建築後の家内安全を祈願する儀式。ほとんどの人が行うが、必須ではない。

14 着工

工事着工

15 上棟式

基本構造が完成した時点で行う儀式。地鎮祭を行った場合、省略することもある。

16 工事完了
17 完成検査

完成検査が完了すると、検査済証が交付される。

18 竣工および引き渡し

建て主・設計士・工事責任者が立ち会い、図面通りに仕上がっているか竣工検査を行う。

19 登記

建物の表示登記、所有権の保存登記を行う。

20 住宅ローンの実行
21 入居

引っ越し完了したら、いよいよ入居です!!

おおまかな流れは以上です。家づくりの流れをつかむために大きなポイントに絞って紹介しました。実際はもっと細かい手続きも発生します。

まとめ

いつまでに家を建てたいとイメージしていても、気がつくと間に合うかどうかわからないギリギリの時期になっている人は多いでしょう。時間がない中で慌てて施工会社選びやプランニングをして、満足度の低い家になってしまわないよう、計画的に行動したいものです。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事