BLOG

窓ガラスの掃除、簡単にキレイにするコツとは?

窓ガラスの掃除
窓ガラスの掃除は定期的にされていますか?? 前回の窓掃除がいつだったか忘れてしまったいう方・・・よく見ると窓ガラスは結構汚れています。そ の窓がキレイになると部屋が明るくなり、気持ちがすがすがしくなりますね。

窓掃除が面倒だと思っている方に、身近なものを使った窓ガラスを簡単にキレイにする方法をご紹介し ます。

窓掃除にオススメな日

窓掃除を行うのは晴れの日にされてみえる方も多いのではないでしょうか?? 窓掃除をするのであれば、オススメは曇りの日です! 晴れの日に行うとすぐに乾いてしまうので拭いた後が残りやすくなるためです。

その点、湿気の多い曇りの日は、湿気が汚れに入り込むので落としやすくなります。

また寒い時期は汚れが乾燥してしまいガラスにこびりついているので、それを落とそうとするとかなり の時間と体力が必要です。外の窓掃除をする際には寒さで手がかじかんでしまい、あまり窓掃除には向 いてないのです。 なので季節としては秋や梅雨時期がオススメです。

新聞紙を使った窓拭き

新聞紙を使った窓拭き
新聞紙を使った窓拭きは昔からよく行われてきました。 なぜ新聞紙を使った窓掃除がオススメなのでしょうか??

一つは新聞紙の紙質です。 新聞紙の紙は雑誌のような毛羽立つような感触がありません。新聞紙の繊維が細かいためです。雑巾を使用した時のように繊維が起こってしまい乾いてから目立つという事がありません。

二つ目は新聞紙が使用しているインクです。 このインクは、油の成分が窓ガラスの汚れを分解し、さらにツヤも出してくれます。

<窓掃除をする際に必要なもの>
・新聞紙
・ぬるま湯
・ゴム手袋

ぬるま湯はバケツに入れます。ぬるま湯を使うのは、汚れを温めることで浮きやすくして取りやすくするためです。また、新聞紙のインクで手が黒くなってしまわないようにゴム手袋をします。

窓掃除は外側から先にすることがオススメです。先に外側を綺麗にすることで、内側の汚れが見つけやすく効率的な掃除ができます。外側は雨や風で運ばれた土砂や黄砂、花粉などがついています。あまりにも汚れている場合にはまず水洗いをしてください。

そして窓掃除を始めます。

新聞紙をクシャクシャと丸めます。 その新聞紙をぬるま湯で濡らし、窓の上から下までギザギザを描くように落とします。 汚れがひどくまだ落ちていない時にはもう一度繰り返します。 次に、乾いた新聞紙(丸めたもの)で円を描くように上から下に向かって磨いていきます。

内側は部屋の中の埃、手垢、カビ、油を含んだ水蒸気で汚れています。 内側も同様に、濡れた新聞紙で汚れを落とし、乾いた新聞紙で磨いていきます。

以上の手順で落ちない場合は、少量の中性洗剤をバケツにいれ、新聞紙を浸し、汚れにはりつけてしば らく置いておいてください。(その新聞紙が乾かないように注意)そして貼り付けた新聞紙で汚れてい た部分を拭き取り、乾いた新聞紙で磨きます。

窓掃除が終わったら

窓ガラスが綺麗になったのですから、レールも綺麗にしておきましょう。 結露が落ちていて湿気がたまったり、外から侵入した虫の死骸がついていたりして結構汚れています。

ここを簡単に掃除するには古い歯ブラシを使います。 古い歯ブラシを濡らしレールに沿って磨きます。使い古しのタオルなどで噴きあげ、終了です。 窓掃除のついでにぜひやっておくといいですね。

このページのまとめ

まとめ女子
新聞紙を使った窓掃除をご紹介しました。 いくらインテリアが素敵でも窓ガラスが曇っていれば魅力も半減してしまいます。 新聞紙なら思い立った時にすぐに掃除ができるのも利点です。また雑巾を使用しないので綺麗に洗って 干すという手間を省くこともできます。

できることなら年末の大掃除の際にまとめてやるのではなく、思い立ったときに窓拭きの習慣ができれ ばいいですね。お家で気持ちよく過ごすためにもぜひ試してみてください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事