BLOG

新築の窓選び!窓の種類と価格の違い

窓の種類
これから家を建てようと考えている方は、風通しのいい明るい家に住みたいと考えている方が多いので はないでしょうか?? では風通しのいい明るい家にするにはどうしたらいいのでしょうか??

意外かもしれませんが、家づくりで重要なのは窓です。

窓の配置によって室内に取り込める光や風通し、また外観のデザインまで大きく関わってきます。新築を建てる際に重要な窓選び。 価格も窓の種類によって様々なので、じっくり選ぶことが大切です。

引き違い窓

最もよく使われている窓で、左右に開くタイプです。 大きさによって 掃き出し窓 腰高窓 に分けられます。 掃き出し窓は、天井近くから床までの高さの人が出入りできる窓です。 腰高窓は、腰から上の高さで光を取り込み、風通しをするための窓です。

引き違い窓はおおまかな大きさが決まっています。 なのでカーテンもそれに合わせて販売されており、特注にする必要がないのでリーズナブルな価格で済 ますことができますね。 窓の価格も比較的安価なのでローコストで家を建てることができます。

しかし、引き違い窓にはデメリットもあります。 まず、機密性が低いため光熱費に影響がでる可能性があります。 防音面もほかの窓に比べると劣っている点もあります。

はめ殺し窓

はめ殺し窓
フィックス窓とも呼ばれる種類の窓で、外気を取り入れるのではなく、部屋の中に光を取り込むことを 目的として付けられている窓です。 ガラス部分は開けられない窓になります。作りがシンプルで窓の中では最も価格帯が安いという特徴が あります。

価格が安く大きなサイズの窓をつけることができるので、部屋を明るくする目的として窓をつけるのであれば、はめ殺し窓はベストな選択です。 形も正方形や長方形、様々な形があり、デザイン性が高いということも特徴の一つです。

開かないので防犯性は高いですが、風が通らないので他の種類の窓と組み合わせて取り付ける必要があります。

滑り出し窓

滑り出し窓には、縦滑り出し窓と横滑り出し窓があります。

縦滑り出し窓

窓枠を上下に設けられたレールに沿って外側に滑り出させて、ドアのように押したり引いたりできる窓 のことです。 縱滑り出しはたくさんの風が部屋の中に入ってくる構造になっており、通気性をより高くしたい人には ぴったりの窓といえます。

なぜ通気性が高いのかというと、開けた窓ガラスが風を捕まえる役割になって、本来は家の外側を通っ ている風を家の中に取り込んでくれるからです。 通風量は引き違い窓のおよそ10倍にもなるので、風遠しをよくしたいと考えている人は縦滑り出し窓 を選んでみてはいかがでしょうか?

また機密性が高いので防音効果も期待できます。しかしこちらの窓にもデメリットがあります。 比較的価格が高めになっているという点です。比較的安価なはめ殺し窓と比べても価格が2倍以上とな っているところが多いようです。

横滑り出し窓

窓枠の左右の溝に沿って動くタイプが横滑り出し窓です。ガラス部分がひさしのようになり、雨が吹き 込まず通風を確保することができます。小窓として使われることが多いこの窓は、キッチンやお風呂場でよく見かける窓です。

この窓は開けたい角度を自由に調整できるので、お風呂に設置した場合は中がみえずに空気だけを入れ 替えることができます。縱滑り出し窓と同じく機密性が高いので、高気密高断熱の住宅とも相性がいい窓といえます。

デメリットは横滑り出し窓の開き方から網戸やルーバーがつけられないといった点があります。カーテ ンも取り付けが難しく、ロールカーテンなど窓にあったものにする必要があります。

上げ下げ窓

ガラス部分を上下にスライドさせ、窓を開け閉めするのが上げ下げ窓です。

窓の隙間が小さいので高い機密性を確保できます。また隙間が小さいということは防音性にも優れてい るといえます。 また窓の形が縦長で横幅が狭く、外部から侵入しずらくなっており、防犯性にも優れています。

デメリットは他の窓と比べても高額になる点、また窓の開け閉めのしにくさ、窓の掃除のしにくさがあ げられます。 一階であれば外側から掃除ができるので問題ありませんが、二階に設置した場合はどうしても室内から 上側の掃除ができないので設置の際には注意が必要です。

このページのまとめ

まとめ女子
それぞれの窓にメリットデメリットがありました。風の通りやすい光の入りやすい家にするためには、窓の種類・設置する場所によって大きく変わってきます。

予算やデザインも考慮しつつ、その家にあった効果的な窓を設置して住みやすい家にしてくださいね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事