BLOG

雨の日の洗濯物、おすすめのスペースは?【新築時の間取りを考える】

洗濯

従来は、洗濯物は外で干すものという考えが定着していました。しかし共働きが増えてきた昨今、住宅事情も変わってきたように思われます。物干しのスタイルがどう変わってきたのか?今回は洗濯物について間取りを考えた時に、どのような物干しのスタイルがあるのか、またどのような間取りが考えられるのか紹介したいと思います。

室内干しスタイル

特に共働きの方に人気が高まっているのが、室内干しスタイルです。天候や時間に左右されるに干せるのが最大のメリットでしょう。ではその室内干しスタイルにはどのような間取りがあるのでしょうか?

【サンルーム】
サンルームとは、全面をガラス張りにして太陽の光をいっぱいに取り込むための部屋です。サンルームがあれば、花粉やホコリや冷気を避けて太陽光の恩恵をいっぱい浴びながら洗濯物が干せるでしょう。普段はリラックスルームとして使用することができ、とても人気がある部屋です。冬場は冷気を防ぐことができるので、季節問わずに洗濯物は早く乾くでしょう。

【ユーティリティスペース】
ユーティリティスペースとは、洗濯やアイロンといった家事全般を行ういわば家事室です。このスペースに洗濯機を置けば、洗って干すという一連の動作が同じ場所でスムーズに行えます。また、天候を気にすることなく干せるのもメリットでしょう。日差しが良い場所にこのスペースを作れば、外気を気にすることなく、太陽光をいっぱい浴びながら洗濯物が干せます。最近、とても人気が高まっているスペースです。

【バスルームで衣類乾燥】
バスルームに浴室乾燥機能を設ければ、浴室で洗濯ものを干すことができます。この機能を使えば、衣類を乾かすだけなく、湿気がたまりがちなバスルームの乾燥もでき一石二鳥となります。電気代がかかるのがデメリットといえるでしょう。

【乾燥機・乾燥機能付き洗濯機】
乾燥機を使う、洗濯機の乾燥機能を使うスタイルです。ボタン一つで洗濯から乾燥まで完了します。そのため、とにかく時短になりますし、とても便利です。スペースも洗濯機or乾燥機だけのスペースで済みます。浴室乾燥機同様、ただ干すだけと比べると電気代がかかるのがネックでしょう。

外干しスタイル

従来通り、外干しで洗濯するスタイルです。できる限り、外でお日様の光にあてたい!そんな方も多いと思います。そんな外干しスタイルにもさまざまな間取りがあります。

【ベランダ・バルコニー】
ベランダやバルコニーでは外から見えない窓壁用や桁へ取り付けるアーム型の物干し金具がポピュラーとなっております。屋根をつけたりインナーバルコニーを取りれたりすると、多少の雨でも洗濯物が濡れないでしょう。

【ウッドデッキ・テラス】
最近のスタイルはどちらも、リビングの延長として作られている家が多いです。そのため、リビングとの段差も少なく、出入りの手間もなく楽に干せるでしょう。

まとめ

洗濯については、人それぞれの考え・感じ方や生活スタイルによっても重きをおくところが違います。間取りを考える際は、みなさま自身のライフスタイルをよく見直して考え、またライフスタイルが変わっても快適な生活が過ごせるような間取りができると良いですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.