BLOG

アフターメンテナンスとは

あれこれ思考を重ねて手に入れた大事なマイホームには、できるだけ長く快適に暮らしたいですね。
長く住み続けるためには定期的な点検による適切な維持管理が必要です。それには住宅会社で行われるアフターメンテナンスが重要となります。

今回は、アフターメンテナンスについて紹介します。

アフターメンテナンスとは

アフターメンテナンスとは、建物を引き渡した後、
建物の構造や設備・仕様の保守点検や修繕等の便宜を図ることを保証するサービス
のことです。保証期間中ならたいていのことであれば無料で修理してくれます。保証期間や保証内容はそれぞれの住宅会社によって定められています。

2000年(平成12年)4月に施行された品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)によって、新築住宅に関しては、基礎・柱・屋根などの構造耐力上主要な部分や雨水の浸入を防止する部分について、最低10年間の保証が企業側に義務付けられています。また会社によっては品確法に基づく規定とは別に、「3カ月点検」「1~2年点検」「5年点検」「10年以降」など、長期間で点検・メンテナンスを行っているところもあります。

アフターメンテナンスも住宅会社を決める指標に

マイホームを建てる住宅会社を選択する際に、デザインや快適性・耐震性などの性能の部分ももちろん重要です。しかし、もう1つ、住宅会社を選ぶ際の指標となり得るのが アフターメンテナンス になります。

マイホームは「契約して終わり」でもなければ、「完成・引き渡しが完了して終了」でもありません。今後の長い人生をかけて、家族が共に生活していく空間 というものです。だからこそ、重要なのは

・築10年、20年と時を経ても不具合なく生活できているかどうか

・もし何か不具合が起こった場合は、すぐに対応できる状態であるか

・目に見えない欠陥や劣化を早期発見できるサポートが備わっているか

というような、住んでからの 安心・安全で快適な住まい環境 が重要なのです。そして、それを保てるのが アフターメンテナンス なのです。

アフターメンテナンスで住宅会社を選べ!とは言いませんが、アフターメンテナンスも住宅会社を選ぶ指標としてもよいのではないでしょうか?少なくとも、契約前の段階で「アフターメンテナンスの内容」について確認しておくようにしましょう。

大手だから安心とはかぎらない

アフターメンテナンスで間違いのない対応を望むのならば、地元で長く営業を続けている住宅会社を選びましょう。

アフターメンテナンスの中には、「漏水トラブル」や「排水管のつまり」など急を要するものがあります。このような突発的なトラブルの際は地元の会社が頼りになるでしょう。地元に根付いて、実績を残している会社にはそれなりの理由があるのです。

「大手なら大丈夫でしょう」このような考えを抱かれている方も多いでしょう。しかし、大手住宅会社が地方に支店を出して一気にシェアを伸ばしてしまったものん、すぐに撤退してしまったケースもあります。アフターメンテナンスの対応が良くなく、評判がわるくなって撤退せざるを得なくなったそうです。

また、大手の場合、全国展開の会社がほとんどです。ということは、お世話になった営業さんや監督さんの転勤が考えられるのです。もし転勤してしまった場合、メンテナンスを頼みづらくなってしまうでしょう。こういった点から大手だからといって安心ではないと言えるのです。

まとめ

注文住宅を建てる際は完成が「ゴール」というように思っていましたが、実際は違います。長く快適に住み続けるには点検とメンテナンスをこまめに繰り返すことが重要です。それにはアフターメンテナンスが必要不可欠なのです。

マイホームを考えるとき、つい家を建てることだけに重点を置きがちですが、住宅会社のアフターメンテナンスのことにも意識を持つことが大切でしょう。

 

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins
This endpoint has been retired

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot