BLOG

泥棒に強い、窓の防犯対策とは?

窓の防犯対策
犯罪の侵入口として最も要注意なのが窓です。実際、無施錠の次に多い侵入方法は窓のガラス破りです。窓の防犯対策を重点的に行うだけでも、犯罪にあう確率を低くすることが可能です。

ガラス破りに強い窓にする

侵入に時間がかかればかかるほど、用心深い侵入盗犯は犯行をあきらめます。侵入をあきらめる時間で、最も多いのが2~5分です。5分以上要すると、侵入をあきらめる確率が高くなります。

1.鍵
窓にはクレセント錠と呼ばれるシンプルな鍵がついていますが、できればロック機能がついたものを選び、さらにサッシ枠の上か下に補助錠をつけましょう。

また、サッシをきちんと閉めないままクレセント錠だけを回し、結果、締め忘れとなった窓から侵入されるケースも多いそう。サッシが確実に閉まっていないと回らない構造のクレセント錠を選ぶと、締め忘れミスを防げます。

2.防犯ガラス
防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊なフィルムをはさみ込んでいるため、ガラスにひびが入っても貫通しにくく、そこから手を差し込んでクレセント錠を開けることができません。ちなみに、網入りガラスは火災時の類焼を防ぐには効果的ですが、一般に防犯性は低いといわれています。

3.二重窓
内窓を取りつけて二重窓に。侵入に時間がかかり、侵入をためらわせる効果も期待できます。

4.シャッター・雨戸・面格子
視覚的な抑止力としても効果があります。こじ開けや打ち破りに強い防犯配慮商品もあります。

5.CPマーク
バールなどで破壊をしても「5分」以上壊れないことが実験で立証されたものにはCPマークをつけることが認められています。狙われやすい位置にある開口部には、この「CPマーク」がついた窓、扉、シャッター、面格子の採用を検討しましょう。

各種窓の設置注意点

掃き出し窓→周囲から見通しが良い場所、敷地外から簡単に接近できない場所に設置しましょう。腰高窓 →見通しの悪い場所へ設置する場合は、面格子を設置するなどしましょう。

ルーバー窓→壊しやすい窓ですので、室内側に面格子を設置するなどしましょう。天窓→侵入を防ぐため、開口部は必要最小限の大きさにしましょう。

窓対策以外の窓侵入の対策

窓に登れるような場所に物置などの足の踏み場になるものを置いたり、雨樋をつたわせたりすることはとても危険です。雨どいの位置からどうしても窓が届く場合は、雨樋に忍び返しのような防犯グッズを取り付けるとよいでしょう。

2階のベランダなどの近くはもっとも狙われやすいので、なるべく竪樋の位置や物置などもベランダから離しましょう。

このページのまとめ

ホームセキュリティなどの契約ができれば心強いですが、費用面などからして難しい方も多いと思います。
まとめ女子

意識的に防犯対策をすることで泥棒から敬遠される家づくりは可能です。

せっかくの憧れのマイホームを建てるのですから、防犯意識の高いマイホームを建てて、安心した生活をおくりたいものです。

 

メルマガ登録
メルマガ登録
 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.