BLOG

分譲住宅と注文住宅の違い

分譲住宅と注文住宅とは

マイホームが欲しいと思った時の選択肢は、注文住宅を建てるか、分譲住宅を購入するか、中古住宅を購入するか、の三つになります。マイホームはどうせなら新築がいいと考える人は多いでしょう。では注文住宅と分譲住宅はどちらがいいのでしょうか?今回は分譲住宅と注文住宅の違いとそれぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

分譲住宅と注文住宅

分譲住宅とはいくつも似たような形で建てられ分けて販売されるのが「分譲住宅」、自分たちが最初からデザインや間取りなどを自由に決めて家を作っていくものを「注文住宅」といいます。

分譲住宅のメリット

分譲住宅のメリットは注文住宅よりも価格が安いという点が最大のメリットです。はっきりと価格を明確にした上での契約になるので契約後に価格が上がったりという心配はありません。またプロの建築士が考えた間取りになっているため、生活のしやすさは考慮されており、それを実際に見て購入できる点がいいですね。実際にみることができるので完成したらイメージと違っていたという注文住宅のようなことはないと思います。またタイミングにより建築前であれば壁紙の変更だったり色の変更であれば可能な場合もあります。

分譲住宅は土地と建物を同時に購入することができます。注文住宅ではまず土地を購入し家を建てますが、土地のローンが家の完成までに始まってしまいます。引っ越しは家の完成後になりますので、もし賃貸に住んでいる場合は家賃と土地のローンを両方払っていくことになってしまいます。その点分譲住宅であれば引っ越しの日に合わせて賃貸を解約すればいいので家賃と住宅ローンの節約になりますね。

分譲住宅のデメリット

間取りや内装などもうすでに完成してしまっているので融通が利かないことがほとんどですので、自分たちの希望する間取りの住宅が見つからないという場合もあるかと思います。建築前であれば一部変更はできる場合もありますが、すべてを自由に変えられるわけではありません。また外観が隣と同じような建物が並ぶ場合もあります。着工時からの工事の様子を初めから確認することができないためしっかりとした工事が行われていたのか不安が残ります。

注文住宅のメリット

何と言っても自由に自分好みの間取りやデザインにすることができるといった点が最大のメリットです。外観やキッチンのグレード、リビングのデザインなど施工会社と一緒に一から作っていくことができます。

壁紙を選ぶのも自分たちですし、床材も自分たちで選びます。その時に目立たない部分や特にこだわりのない部分の資材は安くして、リビングなどこだわりたい部分に費用を回すというメリハリをつけて予算を抑えることもできます。そういった点からも自由度の高い自分たちオリジナルの家が建ちます。

また工事の様子を最初から見ることができるため、自分たちの目で確認しながら家が完成していきます。しっかりと工事がされている事が内部まで見れるので安心ですね。

注文住宅のデメリット

自分たちで決めることが多いため、完成までの時間が長くかかります。キッチンを選び、お風呂を選び、トイレを選びと打ち合わせの回数はどうしても多くなります。リビングを一畳広くすると金額が上がったり、キッチンのグレードを上げるとまた金額が上がるなど、こだわりが強いとどんどん予算がオーバーしてしまうこともあります。

また図面上で確認をするしかないので、仕上がりのイメージがしにくいことがあります。建ってからイメージが違うといういったことも起こるかもしれません。イメージをしやすいように立体的な模型やイメージ図を施工会社に頼んでみるといいでしょう。

まとめ

分譲住宅と注文住宅の違いについてご紹介しました。分譲住宅は少しでも早く、値段も抑えて早くマイホームを手にいれたい人向け、注文住宅は自分たちのこだわりを取り入れた家にしたい人向けです。どちらを重要とするのかよく考えて選択してください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.