BLOG

注文住宅会社の選び方


注文住宅を建てる際、どこの会社に頼むのか迷うでしょう。住宅会社は家づくりの大事なパートナーです。同じ広さの土地に同じ建坪の建物を建てても、どの住宅会社に任せたかによって、イメージが違う家になります。

理想のイメージに近くて信頼できる会社に出会うためにはどうすればよいのか。今回は、家づくりを成功させるための住宅会社の選び方を紹介します。

どのような会社があるのか

注文住宅を手がける一般的な会社には、大きく
1.ハウスメーカー
2.工務店
3.設計事務所
の3つにわけられます。

ハウスメーカーは、テレビのコマーシャルや住宅総合展示場などで見かけることも多く、家づくりを意識した時に最初に思い浮かべる人も多いでしょう。地元密着型の工務店は規模が小さく、原価に近い料金で仕事を請け負ってくれるところが多いのが特徴です。設計事務所は、建築士等が所属し、主に設計と監理を行う会社で、施工は工務店が行います。

いずれの会社も、得意とする条件や特徴があります。自分たちの家づくりにぴったりの会社に出会うには、まずはそれぞれのメリット・デメリットを知りましょう。

ハウスメーカーのメリット/デメリット

ハウスメーカーは設計から施工まで一貫して行い、自社工場で部材を加工して現場に搬入したり、住設機器を大量に仕入れることで、原価コストを抑えています。しかし、規格外になると価格が大幅に上がる場合があります。各会社で製品テストを繰り返しているので、安全に対する安定感は抜群でしょう。

メリット

・工場で建材や製品を生産することで、工期の短縮や品質の安定化を図っている。
・耐震、耐久テストをして、データの裏付けがあるので、より安心感につながる。
・保証制度・アフターサービスが充実している。
・社会的信頼性が高いため住宅ローンが通りやすい。

デメリット

・仕様が規格化されて、設計の自由度が制限される。
・他の会社より相場が高い。
・管理と施工会社が違うので、円滑な意思疎通ができない可能性もある。
・管理と施工会社が違うので、着工後のプラン変更が難しい場合がある。

工務店のメリット/デメリット

仕様やプランの制限がないので、土地の条件や施主の理想にあわせた家づくりができます。また工務店は、地域に密着している会社が多いため、気候風土やその土地の慣習、交通状況などにも詳しく、その点に関してきめ細かな対応も期待できます。

メリット

・自由な家づくりができる
・地域の気候風土を理解しており、適した家を建てられる
・着工後のプラン変更もある程度融通がきく

デメリット

・ハウスメーカーに対して工期が長い。
・デザイン提案力に欠ける。
・完成品がイメージしにくい。
・会社存続の不安

設計事務所のメリット/デメリット

設計に特化しているので、提案力がずば抜けています。施工は、建築士が描いたプランを実現できる工務店に依頼します。なので工法や仕様に対する制限はなく、より施主の理想に近い提案を行うことができます。

メリット

・デザインの自由度が高い。
・建築家が設計・監理を行うのでこだわった家づくりが可能。
・狭小地や変形地など家を建てにくい土地でも対応できる提案力がある。

デメリット

・よりよい設計・よりよい品質により相場が高くなる。
・ハウスメーカーに対して工期が長い。
・打ち合わせ回数が多く、設計に時間がかかる。

まとめ

知名度の高い住宅メーカーと地域密着の工務店のデザインに長けた設計事務所どれを選ぶべきか迷う方も多いようですが、最終的には自分が何を重視して住宅会社を選ぶかによります。

紹介したとおりそれぞれの会社の強みや得意分野があります。会社選びで大切なことは、知名度や会社の規模だけで選ぶのではなく、自分たちがどんな家づくりをしたいのかを、きちんと考えた上で決めることです。

依頼先の強みを活かした家づくりができれば、満足度の高い家づくりができることでしょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.