BLOG

平屋建てのメリットはこんなにある!【平屋の住み心地】

平屋建てを建てる

新築を建築しようと思った時、二階建てを想像する方は多いと思います。できるだけ室内空間が欲しい場合には二階建てが有利ですが、最近では大家族は減り、核家族が増えているという背景もあり平屋を希望する若い世帯も増えてきました。平屋には二階建てにはない多くの魅力があります。そこで今回は最近人気の平屋建てのメリットと平屋の住み心地についてご紹介します。

5つのメリット

バリアフリー
人は必ず歳をとります。若い時は平気でも歳をとると少しの段差で転倒したりするため怪我の原因にもなります。また平屋には階段がありません。歳をとった時に、階段の上り下りが辛くなってしまい二階を使わなくなってしまったという話はよく聞きます。最初から階段がなく段差もないバリアフリー設計で建てると老後も安心して暮らせるでしょう。

価格面
平屋は高いイメージがありますが、二階がない分お得になる部分もあります。階段のためのスペースが必要なかったり、二階建ての場合は一階と二階にトイレを設置する場合が多いですが、一つで済むのでその分の費用がかからなかったりなど、二階建てと比べると費用が抑えられる部分もあります。

ただし、平屋は基礎部分の工事や屋根の部分が大きくなってしまうので、その点は二階建てよりも高くなってしまうこともあります。

コミュニケーションが取りやすい
二階建てだとどうしても居住空間が分かれてしまいます。しかし平屋はみんなが同じフロアにいて生活をするので、家族が顔をあわせる機会が多くなりコミュニケーションが取りやすくなっています。

地震に強い
地震が起きた際にはより重量が重いものほど揺れてしまいます。平屋は二階建てに比べて重量が軽くなるので、地震に強い住居にといえます。また台風が来た場合も当たる面積が小さいため二階建てよりは被害が少なくすみます。

メンテナンス費用が安い
新築時には必要ありませんが、年数が経つにつれてどうしてもメンテナンスが必要になってきます。塗装やコーキングなどのメンテナンス時には足場を組む必要がありますが、平屋はその費用が安くなったり、足場を掛ける必要がない場合もありますので、平屋の方がメンテナンス費用は安くすることができるでしょう。

平屋の住み心地

移動が楽なワンフロアの構造なので、生活の動線が短くすみます。例えば、二階にクローゼットがある場合は着替えるために階段を上がります。また、洗濯物を干しに二階に上がる・・・などの移動は、平屋には階段がないため必要がありません。また寝室が二階にあるのであれば老後に階段を上って寝室に行くということもありません。そのため平屋は移動が楽で、さらに階段で家を分断されないので広く感じます。よって平屋は移動がスムーズで暮らしやすいといえます。

まとめ

平屋のメリットをご紹介しました。まず平屋を建てる際には広い敷地が必要です。また同じフロアで家族が生活しますので、家族の距離感が近くなる分プライバシーの確保を考慮する必要があります。

しかし、老後や、家族のコミュニケーションも取りやすい魅力的な平屋。ぜひ検討してご自分の家族にぴったりな住居になるようにしてください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.