BLOG

良い営業マンってどんな人?

家づくりのパートナーとしての営業マン。その営業マンの手腕によって家づくりの成否が決まると言っても過言ではないと言われているぐらい、営業マン選びはとても重要です。良い営業マン・悪い営業マンか見極めるコツはあるのでしょうか?

今回は良い営業マンについて紹介します。

営業マンの大切さ

家づくりの全ての工程で関わる営業マンによって、土地探し・間取り・建築などの結果が変わってくるといっても過言ではありません。営業さんのアドバイスや努力次第で、価格やグレードも変わってきてしまいます。

営業マンはすべての連絡の橋渡し役となるので、できない営業マンに当たってしまうと、ストレスがたまるだけでなく、自分たちの理想の家が遠のいてしまう可能性も出てきます。

また、家づくりは一回で終わりですが、建てた家には一生住みます。アフターメンテナンスを考えると、営業マンとは家づくりの一回の付き合いでなく、建てた家に住み続ける限りの付き合いになるのです。

家を建てるだけでなく、引き渡しごも信頼して頼れる住宅営業マンであるかどうかの見極めは、非常に重要なポイントになってくるのです。

良い営業マンの見極め方

良い営業マンの特徴として、身だしなみ・商品知識・対応の素早さなどの他にも

・建て主の立場に立って物事を考えてくれるか
理解力のある営業マンなら、建て主の立場に立って提案してくれたり、判断材料となる情報をわかりやすく提供してくれたりするでしょう。より建て主の理想のデザインを理解してもらえ、さらには「プラスαの気づきを与える提案」ができる「ヒアリング力・提案力」を兼ね備えた住宅営業マンが理想的でしょう。

・売り上げ
成績の良い営業マンは、知識が豊富なうえに自身があるので、建て主の要望をよく理解してくれる方が多いでしょう。また、成績が良い営業マンは、社内でも意見が通りやすく難しい要望も融通が利く可能性が高くなります。

が挙げられます。そして、良い営業マンの見極めるにはやはり「ヒアリング力・提案力」に注目して営業マンを見てみましょう。

自分たちのマイホーム計画の理想や間取りの希望や予算について聞くことは営業の基本です。さらに踏み込んで「現在の住まいの悩み」や「なぜ、そのようなマイホーム計画の理想を持ったのか」など、心から建て主のことを知ろう!としてヒアリングしているのかに注目してみましょう。そんな「ヒアリング力」の高い営業マンは建て主の立場になってくれる営業マンでしょう。

時には断ることも大事です

営業マンの人当たりが良かったり、図面などを何度も書いてもらったりしていると申し訳なさという情から断れずにずるずると契約していまったという話も聞きます。でもそれでは良い家づくりはできません。こういうときは嘘も方便です。「知り合いの工務店に頼むことになった」「仕事でつきあいのある住宅会社に決めた」などと言って断りましょう。また、ご両親の紹介で建築会社や大工さんを押し付けてくる場合もあるでしょう。

家づくりは一生に一度の大きな買い物です。流されて後悔することだけはしないように言いたいことはハッキリ言いましょう。そうしないと良い営業マンには出会えないでしょう。

まとめ

良い家づくりには、良い営業マンに出会えることがどれだけ大切なことか紹介しました。

家づくりの営業マンとは一生の付き合いとなっていきます。どれだけ信頼できる営業マン選びができるのかが、良い家づくりにも繋がり、快適なライフスタイルを送れることにも繋がります。

建て主の気持ちに寄り添って一番の理解者になってくれる営業マンに出会えると良いですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事