BLOG

注文住宅にするこだわり条件

注文住宅のこだわり

注文住宅は建売住宅とは違い建主のこだわりを出すことができる住宅です。注文住宅は、図面の段階から業者と相談しながら建てていきます。住宅に関する考え方は人それぞれで、理想とするイメージに近づけるように間取りからデザインや使い勝手・性能などいろいろなことにこだわって建てます。

とはいえ、こだわると言っても何にこだわればいいか分からない方も多いかと思います。この記事では注文住宅を建てるときにどのようなポイントをこだわるべきかについて紹介します。

こだわり3ポイント

注文住宅を建てる際にこだわるポイントの代表3点を挙げると
1.間取り・導線・使い勝手などの家のプラン
2.デザイン・素材・カラーなどの家の雰囲気
3.施工方法・耐震・省エネ・断念などの家の性能
の3つにわけられます。それぞれの詳しいことを紹介します。

「家のプラン」のこだわり

家のプランでこだわるところはまず間取りでしょう。できるだけ住みやすい家づくりにするため、いろいろ工夫したいと考えるものの、いざ実際に間取りを決めようとするとどのような構成の部屋にすればいいのか思いつきません。

間取りを考える際は「導線」から考えるのも一つの手です。日常生活を送る上でリビングや浴室、キッチンなどの間を移動する線のことを「生活動線」と呼びます。さらにその中でも料理・洗濯・掃除など、家事において移動する経路のことを「家事導線」といいます。

間取りを考える際にこれらを重視して考えると、日常生活が快適になったり日々の家事ルーティンの時間的・体力的な負担が少なく済むので、よりゆとりのある暮らしができるようになるでしょう。

「家の雰囲気」のこだわり

施主のこだわりを出せる注文住宅ですから、デザイン・材料・素材といった「家の雰囲気」にもこだわりたいところです。注文する会社によって設計デザイン力が違うので、会社を決める際には設計事例や施工事例などをよく確認し、好みのイメージに合う会社を見つけるようにしたいですね。

デザインも和風デザインやアンティークなデザイン、今ですと北欧テイストも人気です。テイストだけでなく、吹き抜けデザインなどいろいろ角度からの設計が可能ですので、どのようにしたいかを具体的にイメージして、伝えてください。

また、見た目のデザインだけでなく材料や素材についてこだわることも大切です。例えば、無垢材の木を採用することで、家に「暖かみ」をもたらします。木が本来の持つ暖かみや優しい肌触りを感じることができるので、見た目だけでなく感触としても気持ちのいい空間にすることができるでしょう。

このように、「見た目のデザインを重視」ではなく、長年自分がその家に住む上で「いかに心地よく住めるか」という部分も考えることこだわることが重要なポイントになります。

「家の性能」のこだわり

最近では地震が多く発生していることから特に木造住宅の耐震性について心配されている方も多いかと思います。新しく建築するものは耐震基準をクリアしているため、木造であってもある程度の地震に耐えることはできます。しかしさらに耐震性能にこだわりたい方は「鉄骨住宅」も視野にいれると良いでしょう。

また、快適に過ごすためにも断熱や省エネもこだわりポイントでしょう。省エネ住宅エコ住宅が流行っていますが、これは家を断熱することによって冷暖房の使用を減らすことができる高断熱・高機密な住宅をいいます。

その他、キッチン・お風呂などの水回りの快適設備にこだわったりすることも可能です。特にキッチンは毎日料理する上で欠かせない設備ですので、こだわる方は多いでしょう。

まとめ

注文住宅は一生に一度の高額の買い物です。前述しましたが、「見た目のデザインを重視」ではなく、長年自分がその家に住む上で「いかに心地よく住めるか」という部分も考えることこだわることが重要なポイントになります。

しかし、こだわりだすといくらでもお金がかかってしまいます。「こだわり」の優先順位を整理して決めていくといいでしょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事