BLOG

新築マンションのメリット / デメリット

住宅購入を考えてみようかと思っている人の中には、一戸建てかマンションかを迷っている人もいるのでしょう。

自由度が高い一戸建てと駅近など立地条件が良い物件が多いマンション。このようにそれぞれメリットデメリットがあります。それらをよく検討したうえで、自分や家族に合った住まいを探してほしいと思います。

今回は新築マンションのメリット/デメリットについて紹介します。

マンションとは

マンションとは、主に鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)などの耐火構造の集合住宅のことを言います。集合住宅なので、建物への出入り口は他の住民との共有部分になります。

通常、マンションを購入するとなると、マンションの一戸を購入することになりますが、投資目的でもない限り、一棟の建物をまるごと購入することはありません。一棟のマンションを一戸ごとに「分割」して販売されているので、分譲マンションと呼びます。

新築マンションのメリット

・駅から近いなど、立地がいい物件が多い
・最近のマンションは設備が整っている物件が多い
・鍵一本で戸締りOK

まず、マンションのメリットは、何と言っても利便性につきるでしょう。マンションって都心部にあることが多いので、駅やバス停に近く、商業施設にも直結するような便利なマンションも出てきています。

また、新築の分譲マンションには最新の設備がそろっているところが多いです。生ごみを粉砕処理するディスポーザや食洗機・浴室乾燥機のような家事の時短につながる設備。そして、床暖房やお風呂の追い焚き機能など、快適な暮らしができるでしょう。

その他にも防犯面や生活面でのメリットが挙げられます。カギ1本で戸締まりが簡単などの利便性だけでなく、管理人の常駐やオートロック、セキュリティ会社との契約など、防犯面ではマンションのほうが優位性は高いでしょう。

新築マンションのデメリット

・一戸建てに比べて自由度が少ない
・建て替えは住民の一定数以上の同意が必要である
・ローン支払いにプラスして管理費・修繕積立費・駐車場代等が必要となる
・別の住民とトラブルになりやすい
・管理組合への参加が必要となる

集合住宅なので、生活音が気になりやすく、住民と距離が近いためトラブルになりやすいのが最大のデメリットでしょう。ペット可の所はペットの鳴き声や、こどもの無き声や足音などかなり気を使う生活を強いられるでしょう。

金銭面ですと、月々のローン支払いの他に管理費や修繕積立金、駐車場代が別途必要となります。これは自分の資産にはならない支払いになります。30年とか40年といった長期になると、少なくとも1,000万円程度の支払いになってくる部分です。また資産価値について、一戸建ての土地部分の価値は残ります。マンションの場合だと、建物部分と土地部分を分離して売却することができないので、築年数の経過にしたがって資産価値は下がってしまいます。

まとめ

一戸建てにもマンションにもそれぞれメリットやデメリットがあります。これから住宅購入の検討を始めるのならば、一戸建てとマンションのどちらかを限定せずに、とにかくいろんな物件を見てみましょう。物件を見ていくと自分と家族にとって妥協できない項目や妥協できる項目が少しずつ見えてくると思います。

それらをよく検討したうえで、自分や家族のライフスタイルに合った住まいを探しましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.