BLOG

建売住宅のメリット/デメリット

注文住宅か建売住宅か

家を購入しよう考えた時、まず悩む点があります。それは「注文住宅」と「建売住宅」です。

注文住宅は自分で一から考えて好みの家を建てる住宅であるという一般認識がありますが、「建売住宅」とは一体どのような住宅なのでしょうか?

今回は建売住宅とは何か、そして建売住宅のメリット/デメリットを紹介します。

建売住宅とは

完成済みの「 土地 + 建物 」 のセット商品です。完成しているため、実物を見て購入することができる住宅です。

建売住宅の一番の特長は、間取りや仕様などがすべて決まっているので、今後の生活がイメージしやすいことでしょう。実物を見て、生活動線や家具の配置などを思い描くことができます。価格もはっきり決まっているので、後から余分なコストが必要になる、ということもほとんどありません。

価格面では、一般的には建築会社がプランをある程度統一して複数棟分の設備や部材などを一括して購入することができるので、注文住宅に比べて割安になることが多いと言われます。土地と建物が一体になっているため、銀行の審査が比較的スムーズで、住宅ローンを組みやすいとも言われています。

建売住宅のメリット

・すぐに入居できる
・購入価格が明確である
・実物を見て判断できる
・注文住宅に比べて割安
・仕様決めなど面倒なことがない

建売住宅は、実際に建っている家を確認してから購入します。デザインや設計に関してはイメージとの相違がありません。比べて注文住宅は実際に建ってみるまで仕上がりがわからないです。これは建売住宅の最大のメリットでしょう。

また、すでに建っている家を買うので、注文住宅の様な細かな仕様決めなどの面倒なことを考えることがありません。そして、入居までに時間を要しません。すぐに入居したい人や、住む家にこだわりの無い方にはうってつけでしょう。

予算の面でも、価格が決まっているので非常に安心です。その上、同仕様の注文住宅と比べると割安な価格に設定されているものが多くお得でしょう。

建売住宅のデメリット

・工法をチェックしづらい(とくに隠れた部分)
・好みどおりにデザインできない
・部材や色を選ぶ楽しみがない

デメリットとしては、すでに建っているので建物の工法をチェックしづらい点でしょう。これから長ければ一生住む事になる家で、工法をチェックできないのは気にする方は心配になるでしょう。

また設計や間取りが気に入っても、設備の色や建材や壁紙などがイメージ通りではなかったりします。逆のパターンもあるしょう。建売住宅の中で全てが好みな住宅に出会うのは難題です。

まとめ

今回は建売住宅のメリットデメリットについて紹介しました。

建売住宅には、「早い」「仮住まいが不要」といったスピード面でのメリットがあります。しかし、自分の好みの建売住宅にはなかなか出合えないのが現状であり、どこかあきらめる点が出てくるかもしれません。

建売住宅といえど、一生のうちに何度も買い替えることはできません。それぞれのメリットデメリットをふまえて建売住宅と注文住宅、どちらが自分に合っているのかゆっくり考えましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.