BLOG

中古住宅・中古マンションのメリット/デメリット

マイホーム購入は新築物件だけじゃない

憧れのマイホームを購入する時、どんな住まいが良いか想像して夢が広がるでしょう。新築にするか、それとも中古物件にするか、悩む人もいることでしょう。

最近、人気が高まっているリノベーションをご存じでしょうか。比較的安く購入できる中古物件で自分好みにリノベーションをするスタイルが流行っています。

そこで、今回は中古物件のメリット/デメリットについて紹介します。

中古住宅とは

中古住宅とは、過去に人が居住したことがある住宅のことです。主に不動産仲介市場で取り引きされ、仲介会社を通して買う場合には仲介手数料が必要になります。

これまで中古住宅は「新築では手が届かないから中古住宅を買う」というイメージが強かったです。しかし昨今は、新築と同じくらいの予算があってもあえて中古住宅+リフォームを選ぶ人も少なくありません。そこには、中古住宅ならではの良さと、リフォームの発展が理由となるからでしょう。

中古住宅のメリット

・新築に比べて圧倒的に安い
・すぐに入居できる
・最終的な購入価格が明確である
・実物を見て購入判断できる

中古住宅のメリットはまず低価格という点でしょう。どんな住宅も築一年後から価格が下がり始めます。木造の場合、築20年を過ぎると査定価格がゼロとなる物件も少なくないでしょう。その場合、購入に必要な費用はほぼ土地代だけとなりますが、リフォーム代がかかる場合があるので、注意しましょう。

また、すでに建てられているものを購入するので実物を見て納得してから購入決定できるところ、価格が決まっているので予算と突き合わせて検討できるところがメリットでしょう。

中古住宅のデメリット

・リフォームが必要な場合がある
・耐震補強工事が必要な場合がある
・新築に比べてメンテナンス費用が多くかかる場合がある
・外壁や基礎、ドアや水回りなどのチェックが必要

気に入る物件があったとしても、設備や条件の確認を怠れないのが中古物件です。新耐震基準前に建てられた物件の場合、耐震補強工事が必要です。同じように建築基準法の改正前に建てられた物件について、現行の法律では建て替えや増改築に制限が設けられている物件があります。

購入するときに注意すべき点

物件が古いと、リフォームも内部の設備や設計の変更だけではすまず、基礎工事が必要な場合もあります。素人では難しいので、専門家に外壁や基礎、ドアや水回りなどをしっかり確認してもらってから、購入検討するようにしましょう。

基礎や構造に問題がなければ、内装や設備を変更する予算だけで済むので、さほど時間もお金もかけずに購入することができるでしょう。

中古マンションの場合、修繕工事の時期に注意しましょう。築10~20年の間が最初の工事の目安です。この大規模修繕工事が終わった頃が狙い目です。また、修繕工事は修繕積立金で予算がまかなわれているかも確認しておきましょう。

まとめ

中古物件のメリットデメリットについて紹介しました。

もちろん新築戸建も魅力的ですが、中古物件には中古物件にしかない魅力がたくさんあります。
新築住宅にこだわるのか、ローンの負担が少ないので比較的楽なライフプランが築ける中古住宅がいいのかそれぞれのメリット/デメリットをよく理解した上でご自身のライフスタイルに合った家探しができると良いですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.