BLOG

注文住宅のメリット/デメリット

憧れの注文住宅

誰もが一度は注文住宅に憧れるでしょう。過ごしやすい間取りに明るい吹き抜け・・・・理想を追求した注文住宅はさぞかし素敵な家になることでしょう。

しかし、メリットばかりだと思われる注文住宅ですが、実はデメリットも存在します。

今回は、注文住宅におけるメリット/デメリットを紹介します。

注文住宅とは

注文住宅とは、施主が自分の希望を活かしてプランニングし、施工会社と請負契約をかわして建築する新築住宅のことです。
間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用することできます。

注文住宅は大きく二つの種類に分けられます。

【フルオーダー住宅】
使う木材や断熱材・窓の種類といった仕様から建築に関わるすべてのものを施主が考えて計画するもので、かなりの建築知識を必要とします。
圧倒的に手間はかかりますが、完全にあなた好みの、あなただけの 理想的な住宅になります。

【セミオーダー住宅】
基本的な仕様は決まっており、住宅設備(風呂、洗面台、トイレ、キッチンなど)の色・外壁の色などを決めるものです。もちろん間取りも決めることができ、必要に応じて設備のグレードアップやグレードダウンができます。

注文住宅のメリット

・家族に合った間取りが作れる
・ゼロから全てを選んでいく楽しみがある
・仕様決めから地鎮祭・上棟式など、一通り体験できる
・工程をチェックできる。

注文住宅の魅力は何と言っても、新しい住まいを自由にデザインできることでしょう。雰囲気やデザイン・設計・設備・建材・工法に至るまで、建てたい家のイメージのものを選ぶことができ、また家族にとって居心地のいい空間を作ることができます。

着工後は、家がだんだんとできていく様子を見れます。建築の工程を基礎から見れるのはなかなかできない体験で楽しいでしょう。また、地鎮祭や上棟式などの住宅を建てる上で伝統的な祭事に参加できるので、より家に愛着が湧くでしょう。

注文住宅のデメリット

・考えることが多い
・住み始めるまでに時間がかかる
・使い勝手や雰囲気・日当たりや風通しなど住み始めるまでわからない
・予算が超過しがち

注文住宅はゼロから作っていくために、住みやすさなどは住宅が完成して住み始めるまでわかりません。パース(3Dイメージ図)が作れる会社なら必ずパースをひいてもらってそれを基に自分が実際に生活している姿を思い描いえがきましょう。

また、ゼロから作って行くが故に考えることが多いので打ち合わせ・計画に時間がかかります。そうなると着工に響き、最後には入居が遅れることになるでしょう。今すぐにでも新しい家に住みたい方は建売住宅という選択もあります。

理想を求めて注文住宅を選択する人は多いでしょう。しかし、何から何まで理想通りにしていくと気が付いたら予算オーバーとなっているということもめずらしくありません。予算内に収まるよう、やりたいことに優先順位をつけましょう。

まとめ

今回は注文住宅のメリットデメリットについて紹介しました。

夢の多い注文住宅ですが、デメリットも多く存在します。しかし、デメリットは回避できる問題ばかりです。注文住宅を建てる際は自分や家族にとって優先すべき点はどこなのかじっくり考え、自分や家族が満足できるおうちが建てられると良いですね。

一生に一度しかないであろう家づくり、楽しんでくださいね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.