BLOG

注文住宅を木造住宅で建てた方がいい理由について

おすすめの木造住宅

家づくりを始めていく中で、家の構造について考える事になります。木造造、鉄骨造、鉄筋コンクリートが主な構造にはなりますが、その中でも日本の住宅に多く見られるのが木造住宅です。なぜ木造住宅が多いのかご存知ですか?今回は家づくりをしていくうえで木造住宅で建てた方がいい理由についてご紹介したいと思います。

木造住宅とは

昔ながらの住宅建築工法で、木の柱・梁・筋交いなどで骨組みを作ります。木のぬくもりや風合いを求める人に好評です。設計の自由度が高く、思いどおりの家を実現しやすい工法と言えます。

木造住宅のメリット

・取り扱っている施工会社が多い

木造住宅は日本で多く取り入れられている構造です。木造住宅をメインに施工するハウスメーカーや工務店は数多くあります。反対に鉄骨造や鉄筋コンクリートは請け負わないという会社もあります。木造住宅は多くの施工会社で取り扱っており、予算や好みのデザインに合った業者を選択できます。

・自由度が高い設計が可能

木造住宅は注文住宅に向いた工法と言えます。それは基礎・土台・柱・梁で構成される木造軸組み工法であれば、強度を確保できればデザインや間取り、仕様を比較的自由にプランすることができるためです。自由度が高い設計ができるので、狭小地や変形地でも設計しやすいです。

また新築に限らずリフォームの際にも柔軟に対応できます。木造軸組工法の場合には、一部屋を二つに分けたりと間取りの変更がしやすいので、将来、子供部屋が必要いなったら区切るということもできます。

・コスト面で有利

鉄骨造、鉄筋コンクリートと比べるとコストを抑えることができます。コストが低くできる理由は二つあります。

一つは材料費が安いという点です。仕様する木材の種類や数などにも変わってきますが、鉄骨やコンクリートに比べると木材は安いためコストを抑えることができます。また木造住宅は他の構造と比べると住宅自体の重さが比較的軽いため、基礎工事も他と比べると安くできます。

二つ目は工期が短いという点です。木造住宅はだいたい6ヶ月程度で完成しますが、鉄筋コンクリートの工期は8ヶ月程度かかります。近年はほとんど機械を仕様してプレカットした構造材を現場で組み立てるだけになったため、品質も安定し効率がよく家を建てることができるようになりました。工期が短いのでその分人件費も抑えることができます。

木造住宅のデメリット

・火災保険が割高

木造住宅のデメリットの一つは火災に弱いといわれている点です。鉄骨造や鉄筋コンクリートも火事で問題ないわけではありませんが、実際に火災保険は他の構造と比べると割高にはなっています。ただ、木造住宅に限らず火事になってしまえばどの構造でも損傷し住むことはできなくなってしまいます。

・耐久性

木材は水分や湿気に弱いです。そのため長く湿気を帯びたままだと、劣化してしまいます。なので長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが重要です。とくに木造住宅で気をつけたいのがシロアリです。湿気を多く含んだ木材を好みます。床下部分はなかなか確認することが難しいですが異変に気がついたら害虫駆除業者に点検してもらってください。

まとめ

木造住宅のメリットとデメリットをご紹介しました。木造住宅を取り扱う施工会社は数多くありますので実績や口コミ、職人さんの技術力やアフターサービスなどを十分吟味して施工会社を選ぶことができますね。またコストを抑えられたり、将来のリフォームをしやすいというメリットもあります。そして何よりも木に囲まれた生活ができます。メリットデメリットをよく理解して木造住宅を検討してみてください。
 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.