BLOG

注文住宅で作った二世帯住宅の注意点

二世帯住宅の注意点とは

二世帯住宅は土地代も建築コストも抑える事ができます。ご両親が持っている土地に二世帯住宅を建てるなら土地代も必要ありません。経済的なメリットがある一方で、プライバシーの問題などの注意点も多いのが二世帯住宅です。今回はこれから検討されている方に、家族みんなが納得できるように、二世帯住宅を建てる際の注意点をお伝えしたいと思います。

プライバシーの確保

二世帯住宅でも共有する部分の割合によって暮らし方が違います。すべてを共有する同居型、完全にすべて別々の完全分離型、玄関などの一部の設備だけを共有する一部共有型がありますが、自分たちがどう暮らしたいのか、自分たちにあった暮らし方のスタイルを選ぶことから始まります。

特に同居型の二世帯住宅の場合、プライバシーを保つのが困難です。しかし意外と一部を共有する「一部共有型」もプライバシーを保つ事が難しいケースがあります。玄関を共有する場合は、出るたびにどこに行くのだろうと気になったり、帰りが遅くなるとどこに行ってきたんだろうと気になってしまうという人も多く、それがストレスにつながる人もいます。

またお風呂などの水周りを共有する場合は、それぞれの家庭によって使い方も使う時間も違っていますので、後に使う人が気になってしまうということもあります。生活パターンが違う場合は玄関や水まわりは別にした方が後々のことを考えるとよさそうです。

親が亡くなった場合の事

同居する両親が亡くなってしまった場合、その部分をどうするかを考えておく必要があります。これはすべてを共有する同居型であればさほど問題ではないですが、完全分離型であれば下の部屋を賃貸として貸す事もできるかもしれません。しかし一部共有型になっていた場合は玄関が一緒なのでそのままでは賃貸にすることができません。後々の事を考えておかないと余分な改修工事が必要になるかもしれません。

その他にも、売却や建て替えという選択肢もあります。どちらにせよ、これから先の事を考えた長い目で見てプランを考える必要があります。

売却する場合

二世帯住宅を売却する場合、まずは両方の世帯が売却に同意をする必要があります。これは完全分離型であっても片方だけを売却というのは難しくなります。

また二世帯住宅は家に対する要望がそれぞれ異なります。玄関は一つであとお風呂やトイレは二つずつ欲しいなど実際に住む家族の様々な要望を取り入れながら作っていくのが理想なので、買い手の希望条件に近い二世帯住宅を見つける事が難しいです。また二世帯住宅を求めるそもそもの需要が少ないため、どうしても買い手がなかなかつかないという事もあります。

意見の相違

二世帯住宅は親世帯と子世帯で、当事者が多いため、それぞれの意見を汲み取ってくれる工務店を探す事も大切です。どうしても資金を多く出す側の意見が大きくなりがちです。例えば資金を出してくれる親の意見ばかりが通り、子供夫婦が思い描いていた家ではなく純和風な家になってしまったなど、せっかく家を建てたのにどちらかが我慢をして暮らしていくのは悲しいですね。多くのケースで二世帯住宅は注文住宅かと思いますが、こうしたお互いの意見をくみ取ってくれる工務店を見つけてお互いの意見をうまく取り入れた二世帯住宅を作るようにしてください。

まとめ

二世帯住宅を購入する際の注意点についてご紹介しました。二世帯住宅を購入する際には両親の介護だったり相続だったり、これから先にくるであろう事態に備えて長い目で想定したプランを建てることが必要です。親と子の二世帯が一緒になってプランを建てていくことで、同居後の快適な暮らしができるといいですね。
メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.