BLOG

注文住宅のお役立ち情報

イメージは大切!!

注文住宅を建てるにあたって、まずは理想の家をイメージをしましょう。施主側のイメージが固まっていなければ、設計者もどのように設計していけばいいのかわかりません。設計者にイメージを伝えられなければ、たとえ設計図を書いてもらっても納得できる住宅ではなくなってしまいます。

そこで今回は、注文住宅のお役立ち情報として理想の住まいに近づけるためのイメージの作り方を紹介します。

何をイメージするのか

注文住宅を建てる際はイメージが大切といいます。しかし、イメージと言っても、どんな要素をイメージすればよいのでしょうか?イメージすべき要素の候補を挙げます。

間取り

快適な生活、住みよい生活を送るには重要となってくるのが間取りです。間取りをイメージする・・・難しいですね。でも間取りを考えるのは設計者です。例えば家の中を明るくしたいイメージがあれば、設計者がたくさんの光を採れる間取りを提案してくれるでしょう。

間取りそのものを考えるのでなく、どんな生活があなたにとって住みよい生活なのかをイメージしましょう。LDKなどの固定観念から一旦離れ、「家族でくつろぐ場所」など、そこで何をしたいかを大まかにイメージしましょう。

外観・内観

外観や内観もイメージしておきたいポイントです。昔ながらの「和風」が良いのか、若い世代に人気の高い「北欧風」や「アメリカンスタイル」、「南欧風」や「リゾート風」など様々です。自分がどのテイストが好きなのか、再確認しておきましょう。

設備

設備や部材は家全体の費用に大きくかかわってきます。情報誌やインターネットなどを活用して早めに情報収集しておきましょう。どうしても使いたい商品があれば、概算見積もりを依頼するときに必ず伝えましょう。あとあとに申請すると金額が跳ね上がる可能性もでてきます。具体的な希望商品のない設備や部材についても、どの程度のグレードの商品がよいかなど、コストに影響する部分だけでも明らかにしておきたいですね。

画像検索しよう

新しい家を具体的にイメージするため、インターネットでいろいろ検索してみましょう。設計事務所や工務店、ハウスメーカーのサイトでは、実際の建築事例を掲載していることが多く、内装や間取りなどを閲覧できます。また、「注文住宅」というキーワードで画像検索をかけると、和風から南欧風、平屋などいろんな住宅が閲覧できます。その中から、自分の理想により近いものを見つけましょう。

ただし、建築事例の写真はプロのカメラマンが家がより魅力的に見えるように撮影しています。そのため、外観や内観のデザイン性だけでなく、実際にこの家に住むことになったらどのように生活できるか、利便性の面を重視して見ると新たなイメージが湧くかもしれません。

家族で話し合おう

家族全員に理想の家についての意見を書いてもらいましょう。家づくりのイメージを膨らませる方法としておすすめです。

親はこどもとコミュニケーションをとれるようなイメージを抱いていても、こどもはプライベートな空間を欲しているかもしれません。家族誰かひとりだけの意見を反映させても、それは家族全員が満足できる家づくりにはならないのです。

意見を書いてもらうことで、お互いの意見をすべて出し合い、そのあとに妥協していける点を一緒に探っていきましょう。家族それぞれの希望を聞きながらあれこれ話をするのも、楽しいですよ。

まとめ

理想の家はイメージできましたか?近年はインターネットでさまざまな情報を簡単に入手することができます。とても良いことですが、自分の意見がなく情報にふり回されてしまい、なかなか決められない施主が多いのも事実です。

一方でこだわりが強すぎて設計者に任せるのでなく、自分で仕切って物事を進めようとする施主もいます。そうなると設計者からのよりよい提案ができなくなり選択肢が狭まりかねません。

設計者から幅広く提案を受け「こんな感じが好きです。」「ならこんなイメージは~」などキャッチボールをしながら、プロのアイデアを引き出し気持ちよい打ち合せを重ねていくことで、理想の家づくりへの近道でしょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.