BLOG

新築の防犯対策!プロに依頼した方が良い?本音を暴露!

新築の防犯対策
せっかく建てた新築に泥棒に入られる。これほど悲しいことはありません。泥棒に侵入されにくい家作りを心がけることで「犯罪にあいにくい家」にすることが可能です。

ご自身でできる防犯対策にプラスして警備会社にホームセキュリティ依頼すると、さらに防犯意識の高い家となり、泥棒から避けられるようになります。

ここではそのホームセキュリティについて紹介していきます。

ホームセキュリティとは?

「ホームセキュリティ」とは、名前のとおり『家を守る』サービスです。

警備員

警備会社により、24時間体制で守ってもらいます。センサーやカメラなどの機械を自宅に設置して、異常を察知します。察知しだい警備会社に連絡が入り、すばやく警備員が現場に駆けつけるシステムです。いわば、防犯対策のプロといえるでしょう。

また、非常事態にも警備を呼ぶことができます。防犯だけでなく、その他の安全確保のツールとして、多くのご家庭に浸透しています。

メリット

  • 警備会社ステッカーにより侵入犯の抑制につながる
  • 防犯対策が高いと思われ泥棒から避けられる
  • 急病など防犯以外の家族の安全も確保できる
  • 一人暮らしの娘の保護にもつながる

警備会社のステッカーを貼ることで防犯意識が高い家とみられ、泥棒や空き巣に入られにくくなります。警備会社のシールが貼られている家はパスする」と言う泥棒の話もあるようです。

不審者が自宅へ侵入してきた場合、センサーにて異変を察知して、管理センターと契約者に通報が行きます。その後すぐに警備員が駆け付けてくれます。また留守中に警報が鳴って家族の誰もが自宅へ行けない場合も、警備員が対処してくれます。

急病になった時も非常ボタンを押すと管理センターに通報されるので、救急車を代わりに呼んでもらったり、家族などの緊急連絡先に電話してくれたりします。

デメリット

  • 裕福な家庭だと思われることでターゲットになる場合がある
  • お金がかかる
  • 家に侵入されたら、多少なりとも被害を防ぐことはできない

このページのまとめ

ホームセキュリティは様々なサービスがあり、プランによってメリットやデメリットいろいろございます。

まとめ女子

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、ご自身に合ったホームセキュリティを選びましょう。

また、ホームセキュリティに入るだけで満足してしまい、防犯対策を怠っていたら本末転倒になりかねません。ホームセキュリティ + ご自身でできる防犯対策をすることで、最大の防犯対策となります。あらゆる点から防犯意識の高いマイホームを建てて、安心した生活をおくりたいものです。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.