BLOG

業者に問い合わせをするときには何を聞けばいいの?【資料請求の仕方】

家の購入は、人生に一度あるかないかです。何度も家を購入することはあまりありません。誰もが初心者で、どのように工務店を選んだらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、工務店選びをする上での資料請求のポイントについて紹介します。

まずは資料請求をしましょう

家づくりをする上での第一歩は、『住宅メーカーや工務店から資料を取り寄せること』です。見学に行く前に、まずは資料請求をしましょう。

そこで、まず行うべきことは、その地域や地元にどのような工務店や住宅メーカーがあるのかを把握することです。そのために、資料請求の仕方を覚えることが大切になってきます。下記のような方法で資料請求を行いましょう。

【資料請求のポイント】
1. サイトを活用して一括資料請求
2. 地元密着の工務店は、積極的に資料請求を行いましょう
3.住宅会社各社から届いた資料を元に絞り込む
4.自分が求めている住まいに合う住宅メーカーや工務店を選びましょう

いきなりあちらこちらの工務店を調べ、一つずつ探していく以外にも、工務店を一括管理しているwebサイトにアクセスして、そこで工務店の資料を一度に資料請求することもできます。資料請求をすると、数日後に資料請求した工務店から資料が送られてきます。資料の中身は会社によって差がありますが、基本的には会社の説明、家の仕様、施工例が入っています。

見学の前の資料請求のわけ

気になる工務店を見つけたら、すぐに工務店に行くのではなくてなんで資料請求をしたほうがいいのでしょうか?1社を見に行くだけでも、2〜3時間の時間を要します。この2~3時間、イメージと違った家であった場合かなりきつい時間です。見学する前に、あらかじめ資料請求をして好みの会社を選別する事で、ミスマッチの確率をかなり下げる事ができるのです。無駄な時間はできるだけ使わず、楽しい充実した家づくりの時間を取る事がイイ家づくりの秘訣ですね。

資料請求によって営業電話が増えないか?

資料請求をしたら営業攻勢を掛けられそうで心配という方も多いのではないでしょうか。工務店の場合、資料請求をして営業電話が掛かってくるのはだいたい2割くらいでしょう。ぶっちゃけ、ハウスメーカーや大きな会社は営業電話が掛かってくる確率は高くなるでしょう。規模の大きな会社に限れば、営業電話がかかってくる割合は5割を軽く超えます。反対に少人数でやっている工務店からは、営業電話が掛かってくることはあまりありません。少人数の会社は、営業電話はせずに会社やイベントに来てくれた人のみに営業をする工務店が多い傾向があります。

営業の電話がどうしてもイヤな場合、資料請求の備考欄に「家の計画はまだ未定なので、電話はしないで欲しい」旨を資料請求の備考欄に書いておく事です。そうすれば、営業電話が掛かってくる可能性はかなり少なくなるので、営業電話が嫌いな人は備考欄を有効活用しましょう。営業電話は煩わしいと思いますが、会社や工務店の事をより聞くチャンスであったり、家についての悩みや疑問を解消するチャンスでもあります。営業電話も場合に応じて上手に使いこなす事ができれば、より効率的な家づくりに近付けるのではないでしょうか

まとめ

大手の住宅メーカーや地域密着で経営している工務店など、家づくりを手がけている会社は多々あります。しっかり自分に見合った家を作ってもらえる会社を調べ、その中から選定していくことが大切です。しっかり一つ一つの企業を比較しながら、よりよい家づくりに近づけることができるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.