BLOG

家が欲しいなら、注文住宅の住宅展示場に行こう!

住宅展示場とは

家が欲しいと思っていても、どんな家が欲しいかというイメージが具体的にはなかなかわいてきませんよね。多くの家を見ることでイメージをつかみやすくなります。しかし知らない人の家にお邪魔させてもらってみせてもらうという事はなかなか難しいです。そんな時、住宅展示場へ行く事をお勧めします。何種類もの家を見ることができ、間取りや雰囲気もそれぞれ違う家を見て回ることで自分たちのイメージを具体化することができます。今回は注文住宅の住宅展示場へ行った時のポイントをご紹介したいと思います。

住宅展示場を見て回る際のポイント

・数を絞って回る
住宅展示場は数多くのメーカーが集合しています。便利なのですが、それをすべて見て回るというのは1日では難しいかもしれません。そこで「ここのメーカーのこんな家がみたい」「このメーカーの仕様の話を聞きたい」などあらかじめいくつか絞り込んでいき重点的に見学をするといいでしょう。もし木造がいい、2×4がいい、鉄骨構造がいいなど自分たちの希望する工法が決まっていればそれを得意とするメーカーの家を見に行くといいでしょう。

また住宅展示場はイベントを多くやっています。その際にはお客さんが他にも多くじっくりみれないので、できればイベントをやっていないタイミングで見学できるといいですね。

・気に入ったところを記録する
各メーカーそれぞれ推しているポイントがあると思います。展示場のスタッフや営業さんが、そのメーカーはどんなところに力を入れているか説明してくれます。また長く住むためにも住宅の構造についてもぜひ聞いてみてください。気に入ったところは後からわかるようにメモをしたり写真を撮ったりして見返せるといいですね。

・担当者を見極める
いろいろな説明を聞いていく中で、その対応してくれた営業さんとの相性がわかると思います。もしそこの施工会社で契約した場合には、担当がその人になる可能性も高いので、人として付き合っていく事ができるかどうか相性もみておくといいでしょう。注文住宅は数多くの打ち合わせをしますので、担当者との相性はとても大切です。

また見学後にアンケートを記入するように言われる事も多いでしょう。住所と名前を書いてしまうとその後電話が頻繁にかかってくるというイメージもあり躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

できれば見学前に記入することは避け、見学後、担当の人との相性も良さそうで、このメーカーの話をまた聞いてみたいと思った場合には記入してもいいですが、そうでない場合は「検討中なので・・」と断っても問題ありません。

・住宅展示場は標準仕様ではない
数多くの家が集合している住宅展示場は、来る人が他者との比較もしやすくなっています。そんな中で来る人を惹きつけるためにも標準的な家よりもかなり大きく、室内の設備もよりグレードが高いものを使っている場合が多いです。キッチンやお風呂など、これは標準のタイプなのかオプションか、その場で確認するといいですね。

また、実際は展示場のような家を建てようと思ったら標準よりもかなりの金額が上乗せされます。モデルハウスのイメージでいると実際にはイメージとは違ったという事になりかねないので、モデルハウスは豪華な家になるように建てられた家であることを頭において見学するといいでしょう。

まとめ

住宅展示場に行く際のポイントをご紹介しました。これから家を建てようと思っている方には展示場はとても楽しい場所ではないでしょうか?しかし、モデルハウスは標準仕様で建てられていることは少なく、最高クラスのグレードになっていることも多いです。もし可能であれば、完成見学会にも参加をして実際に建てられた家を確認してみるのもいいですね。
 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.