BLOG

賃貸 or 購入の選び方 -ライフスタイル編-

賃貸か購入か どちらを選ぶべきか

前回、支出面で見てみると「購入」の方がお得になると紹介しました。だからと言って、本当に購入しても良いのでしょうか?

家を購入するか決める時はお金だけで決めるのは危険です。住まいに何を求めるべきなのかという観点からも検討するべきです。そして今現在の家族のライフワークに重きをおくのではなく、家族の今後を含めたライフワークを考えて話し合う必要があるでしょう。

今回は、賃貸派か購入派どちらを選べばいいのか、ライフスタイルのメリットデメリット目線で紹介します。

老後の住まいに注意すべき賃貸派

例えば、子どもを持たない夫婦のみで都会に住み、仕事中心の生活を送るようなライフスタイルの場合は、家を購入するのはあまり現実的ではないかもしれません。また、転勤が多い仕事の方も家を購入するには踏み足とどまるでしょう。

このように、住む場所の地場が高かったり、住む場所が定まらないようなライフスタイルの方には「賃貸」が適しているでしょう。なぜなら「賃貸」は、その時の状況に応じて住み替えが容易にできるからです。これが賃貸の最大のメリットと言えるでしょう。

土地の移動だけでなく、家族の増減等にもよって新しい家に住みかえたりするとこは「購入派」にはできないことです。

しかしこの「住み替え」には多額の引っ越し費用がかかります。その引っ越しの際に家具の買い替えが必要となってくることもあるでしょう。そうなると支出が増えます。

「住み替え」には自分のライフスタイルの変化等による場合と、賃貸契約の満了や突然の退去命令が出されることも場合としてはあり得ます。ここが「賃貸派」のデメリットとなるでしょう。

また、「老後の住まい」が賃貸派によって一番悩ますことではないでしょうか?「購入派」はローンさえ終われば住まいの支出は落ち着きます。しかし、「賃貸派」は老後関係なく賃貸料は部屋を借りる限り続きます。仕事ができなくなって収入が激減しても、部屋を借りる限り賃貸料は払い続けないといけません。

将来を見越して十分なお金を貯める計画性も賃貸派には必要となってきます。

家は財産になる

家は家族にとって大切な財産です。例えば、世帯主が亡くなって収入が無くなった場合も、家は残ります。家族が暮らす家は確保されるのです。これは「購入」の大きなメリットと言えるでしょう。

また、注文住宅を建てる場合は、家族のこだわりを反映させられる家を建てれます。ライフスタイルに合った家を作れるのです。予算の都合や家族間の考え方の違いによって、すべてのこだわりには答えられないかもしれませんが、それでも紆余曲折して作り上げた家にはとても愛着がわくでしょう。ここにも「購入」のメリットが存在しています。

家を購入すると住む場所は固定されます。そうなると必然的に近隣とのお付き合いが発生するでしょう。家を持つことで産まれるつながりがあるのです。ただし、トラブルが起きると後々も引きずって暮らしていかなきゃならなくなります。これが「購入」の最大のデメリットと言えるでしょう。

まとめ

ライフスタイルの観点から「賃貸」と「購入」どちらを選ぶべきか紹介しました。

入居後でも住み替えができる自由がある、しかし老後関係なく一生住居費用が発生する「賃貸派」
一度購入するとその土地にいなければならない、ローンさえ払ってしまえば住居費用の心配はいらない「購入派」

それぞれ、メリットデメリットはあります。ご自身のライフスタイルにはどちらが合っているか、じっくり考えて選択するようにしましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事