BLOG

土地探しから土地購入までの流れ

マイホームを建てようと思ったら、まず必要になるのが建物を建てる土地の確保です。実家の敷地の一部を借りたり、もともと相続した土地をお持ちの方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はマイホームの為に土地購入からスタートです。土地探しには、時間や手間がかかるので、期間に余裕をもって探したいものです。

そこで今回は、土地購入までの流れを紹介します。

土地探し~土地購入 までのながれ

★・・・建て主が立ち会う項目
☆・・・不動産業者や住宅会社のみや行う項目

1 要望の提出

不動産業者やパートナーとなる住宅会社の担当者(以降、業者)に自分たちの要望を伝えます。

2 物件収集 ☆

業者が要望に合う物件の情報を探します。

3 現地確認 ☆

業者が要望に合う土地なのか、現地で確認します。

4 物件概略調査 ☆
土地に関する状況(前面道路の幅員や敷地の寸法、敷地の高低差、地盤調査など)を調査します。

5 物件資料提出 ★
業者によって選ばれた土地が建て主に紹介されます。

6 現地案内 ★
提出された資料の中から気になる土地を実際に確認しに行きます。土地の周りの状況や、建てたい家のイメージに合った土地の状況であるか確認しましょう。

7 物件調査・見積もり ☆
・近隣の調査 学区/ゴミ置き場/自治会/組合 など
・土地の履歴
・役所/法律関係  都市計画/道路/上下水道/遺跡
の調査を行います。また、造成工事や水道工事が必要であれば、その工事費の見積もりも提出されます。

8 土地買付 ★
土地購入の予約・意思表示に当たる行為として、業者に対して買付証明書を提出します。買付証明書を提出すること=売買契約ではないので、提出後にキャンセルすることが可能です。このステップが無い場合もあります。

9 住宅ローン事前審査
住宅ローンの正式な審査は土地購入成立後に行います。借り入れできる額がわからないと土地を購入できるかわからないため、住宅ローンの事前審査というのは非常に大事なことです。土地をローンで購入しようと考えている場合は、事前審査をして購入費用を借りられるかの確認をしておきましょう。

10 土地契約 ★
売り主・買い主(建て主) 両者立ち会いのもと、契約書を取り交わします。売買成立となります。

11 住宅ローン本審査申し込み
住宅ローン事前審査に通っていれば、土地購入の条件が変わっていない限り本審査にも通ります。建築業者の担当者が同席し、契約書の記入も担当者と行います。

12 金銭消費賃貸契約
住宅ローンの申し込み後、金銭消費賃貸契約を結びます。住宅ローンの申し込みは本審査の申し込みに過ぎませんので、正式にお金を借りるにはこの金消契約が必要となります。

13 土地購入 ★
買い主(建て主)は土地代金の残金を支払い、売り主は土地を引き渡します。ここで土地の所有権の移転を行い、名義を買い主に変更します。

まとめ

土地購入までのおおまかな流れを紹介しました。

土地探しを始めてから購入に至るまで、どれぐらいの期間を要するかは人それぞれです。こればっかりは縁もありますので、焦る必要はありませんが、あまりにも時間をかけすぎないようどこかで思いきる勇気も必要かもしれませんね。

希望する条件に見合う良い物件にめぐり合えますように・・・・!!

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事