BLOG

注文住宅のデメリット

理想の家にしたいから注文住宅!!そう思っている方は多いでしょう。南向きの土地、明るい吹き抜け・・・・理想を追求した注文住宅はさぞかし素敵な家なるでしょう。しかし、メリットばかりだと思われる注文住宅ですが、実はデメリットも存在します。今回は、注文住宅におけるデメリットを紹介します。

注文住宅とは

注文住宅とは、施主が自分の希望をいかしてプランニングし、施工会社と請負契約をかわして、建築する新築住宅のことです。間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用することできます。注文住宅は大きく二つの種類に分けられます。

【フルオーダー住宅】
使う木材や、断熱材、窓の種類といった仕様から、新築に関わるすべてのものを施主が考えて計画するもので、かなりの建築知識を必要とします。圧倒的に手間はかかりますが、完全にあなた好みの、あなただけの、理想的な住宅になります。

【セミオーダー住宅】
基本的な仕様は決まっており、住宅設備(風呂、洗面台、トイレ、キッチンなど)の色・外壁の色などを決めるものがセミオーダー住宅と呼ばれるものです。もちろん間取りも決めることができ、必要に応じて設備のグレードアップやグレードダウンができます。

注文住宅のデメリット

自分の好みに合わせて自由に設計ができるので、自分好みの家を実現することができる注文住宅。メリットしかなさそうですが、デメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。

・考えることが多い
ある程度「モデル」が決まった建売住宅とは違い、注文住宅の場合、たとえば床の色、ドアノブの仕様、こういった小さなところまで全て自分で決めなければなりません。そのため、考えることが多くなります。

・入居までの期間が長い
新築にかかわるすべてのことを考えて計画します。従い、考えることが多いので打ち合わせ・計画に時間がかかり、そうすると着工にも響きます。着工が遅れると次に完成が遅れ、最後は入居も遅れることになります。新居に早く入居したい方は即入居ができる建売住宅等も検討してみたほうがいいかもしれませんね。

・予算が超過しがち
理想を 求めて注文住宅を建てようとした人は多いでしょう。しかし、何から何まで理想通りにしていくと気が付いたら予算オーバーとなっているということもめずらしくありません。予算内に収まるよう、やりたいことに優先順位をつけましょう。待ち構える住宅ローンのためにも予算オーバーだけは避けたいものです。

・完成をイメージしづらい
建売住宅なら実際に家を見てから購入するか決められますが、注文住宅は一から考えていくため、現物がない状態で契約することになります。建物が完成してからイメージと違うといったこともあるでしょう。もし、パース(3Dイメージ図)が作れる会社なら必ずパースを見て、想像力を最大に発揮し、自分が実際に生活している姿を思い描きましょう。

まとめ

今回は注文住宅のデメリットについて紹介しましたが、注文住宅にはもちろんメリットもたくさんあります。自分にとって優先すべき点はどこなのか、じっくり考え、自分に見合った家を手に入れられるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事