BLOG

出来る子に育つ!子ども部屋、風水5つのコツとは?

子ども部屋
成長の中にある子供は木の気を持っており、大人以上に環境から影響を受けています。

子供部屋は遊びと勉強と休息といったバランスを保ちながら、「風通しのよい部屋=集中力が高まる部屋」を作りましょう。

子ども部屋を風水観点で見る

・東枕で成長運アップ
東は木の気を持ち若さを象徴する方位です。東枕をすることで成長運や発展運が伸びていくでしょう。

間取り的に難しい場合は北向きでもOKです。北まくらは風水的には安眠効果があるとされています。熟睡できない子供には、北枕がよいでしょう。子供部屋のベッドの位置で避けたいのが、南枕。南という方位は気が強いため、熟睡することができません。

・机は北向き
子ども部屋
机を北向きにすることで、集中力を高めることができるため、成績アップが期待できます。

南や西向きに机を置くと、集中力が散漫してしまうので注意が要ります。方角的な机の配置が難しい場合は、机に向かって座ったときに、入り口や窓が背にくるような配置は避けましょう。背後に気配を感じると、気が散ってしまいます。

また、窓の近くは明るく陽の気が強すぎるため、窓の近くに机を配置すると、集中力がなくなってしまいますので気をつけましょう。

窓の近くに机を配置するときには、カーテンやブラインドで陽を遮りましょう。また、勉強中にテレビや漫画、おもちゃが目に入ると、集中力を欠き注意力も散漫します。気が逸れるものは目に入らないレイアウトを考ましょう。

・整理整頓
散らかした状態が続くと、飽きっぽい性格になったり部屋の気が雑に乱れてしまいます。片付けてすっきり、すっきりすると気持ちいい、そんな感覚をお子さんに伝え、きれいな部屋を継続しましょう。

・テレビの横に観葉植物
植物を見ると発展運が向上します。テレビの脇にさりげなく置いておくと効果的です。テレビの強い陽気を和らげる効果もあるのでバランスも良くなるでしょう。

・風通しをよくする
子供部屋は風通しも重要なポイントとなります。風の流れをさまたげるような背の高い家具は置かないようにしましょう。

カーテンはベッドカバーが無地ならパターン物、といったようにバランスをとりましょう。

このページのまとめ

親にとって、子供はかけがえのない存在です。少しでも運気がよくなるようなことは尽くしてやりたいと思うのが親心です。
まとめ女子
しかし、これらすべてを無理に実践する必要はありません。風水で一番大切なことは、方位でも色でもなく、整理整頓です。ほこりやゴミのないきれいに整った部屋は、居心地がよいですよね。

運気も同じです。気の流れをよくするために、こまめに空気を入れ替え、部屋はいつもきれいにしておきましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.