BLOG

【新築】子どもの落書き、防止方法

ブログ記事

わかってはいるのですが、どうしても怒っちゃいますよね。子どもが壁に落書きをする事。お子さんがいりご家庭はホントに悩みのタネだと思います。特に新築の場合はキレイな壁が、、、

鉛筆くらいの落書きであれば消しゴムで消すだけなんですが、ペンやクレヨンなどの落としにくいモノで書かれた時には、、、賃貸でも家を出る時に消すのが大変だったり、余分にクリーニング代としてお金がかかったりします。

今回は子どもが壁に落書きをしないようにする為のヒントをお伝えしていきます。

家を立てる時に

子どもの落書き
これから家を建てる時に計画をしないといけませんが、壁の一箇所をホワイトボードにしてみましょう。すると壁のここにお絵描きをしても大丈夫と教えます。そのかわり年齢の小さいお子さんはホワイトボードと壁の境が分からなくてもしかしたら他の壁にも書いてしまう場合もあるかもしれませんが、、、

壁の一部をホワイトボードにすれば子どもたちも書いたら消す事も出来ますし、子ども達が幼稚園や小学校で作ってきた絵や飾り物なども飾る事も出来ます。お母さんもプリントなども貼って置く事が出来ますので、忘れる事も減りますし、メモにも使えるので便利ですね。最近は壁に貼ればホワイトボードになるモノも売っていますのでそれを利用すれば新築のお家じゃなくても利用出来ますね。

届かない所に置いて置く

やはり1番大切なのが、子ども達の手の届かない所に、クレヨン、ペン、鉛筆などを隠して置くことが1番いいですね。お絵描きをする時は必ずではなくてもいいので見ていること。書くものが無ければ子ども達も壁に落書きをする事も出来ませんからね。

そのかわり、書きたい時はしっかり落書きをさせてあげて下さいね。よければ広告の裏とかだけではなく、ダンボールやいらない服、布に塗ってみたり、服を汚してもいいので、絵の具などと使って体全体で絵を書くことをすると、楽しいですし、子ども達にはストレス発散になるかもしれませんので、壁に書くことを辞めるかもしれません。

書かれてしまった時

子どもの落書き
クレヨンやクーピーなどで壁に書かれた時は本当にショックですよね。いつも忙しい家事で忙しいのに増して壁にクレヨンで書かれたらまた余分な掃除が必要です。色のついたモノで書かれた場合どのように消せばいいのかもお伝えします。

色鉛筆→色鉛筆とクーピーは同じ部類に入ります。色鉛筆やクーピーは消しゴムで消せる事が出来ます。壁の素材によっては汚れが広がる事もあるので、しっかり壁の素材を確認してから消すようにしましょう。

クレヨン→クレヨンは取れにくいのではと思う方も多いのですが、使い古した歯ブラシに歯磨き粉をつけて軽く擦ってみましょう。その後は固く絞った布で拭き取ってみて下さい。それか、濡れた熱いタオルをクレヨンで落書きをした場所に当てます。するとクレヨンが熱で溶けおちやすくなります。

マジック→マジックで壁に落書きをされたらホントにドン引きしますね。そんな時はメラミンスポンジで消してみて下さい「◯き落ち◯ん」みたいなものです。時間が立っている方が落ちやすいらしいです。

水性ボールペン→ガラスクリーナー
油性ボールペン→除光液

このページのまとめ

本当に壁の落書きで悩んでいるお母さんは多いと思います。まとめ女子もうリビングの壁全体にフィルムを貼ってしまうっていう方もいるくらい、壁の落書きは困りますね。最後にご紹介するのは水で流せるクレヨンです。もし、壁やテーブルに買いてしまってもすぐに消せます。

書く前の準備段階で用意してくのも予防策になります。子ども達は絵を描くということは成長の過程ですごく大切な事です。ですので、沢山書かせてあげて下さいね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot