BLOG

キッチン周りの汚れをつきにくくするためのコツ

ブログ記事

1番汚れが目立ち、汚れが気になる場所がキッチンですね。特に汚れが溜まってしまうと匂いも発生します。毎日利用する場所なので、キレイにしているつもりでも目に見えない場所が汚れいていたり、黒ずんでしまったり、水回りだとヌメリに水アカ、、、火を使う所だと油や料理の飛び散りなどでキレイな壁もベタベタ、、、なんてこともありますよね。

特に油汚れは拭いても拭いても油でギトギトなんて事も。汚れが溜まってしまうと今度は掃除をするのも大変になりやりたくなくなってしまいます。するとどんどん汚れが溜まる、掃除をしなくなる、溜まるの悪循環です。今回はキッチンをキレイに保つポイントをお伝えしていきます。

特に汚れが酷いのが換気扇、レンジフード

キッチン周りの汚れ
換気扇やレンジフードは油煙や油分が蓄積される場所です。ホントに落としにくい油汚れ。換気扇やレンジフードの掃除をサボっているとどんどんと油汚れが溜まっていき、掃除をする時に汚れが落ちにくくなってしまいます。そんな時はどうすればいいのでしょうか。

フィルターやファンのこびりついた汚れは洗剤にスポンジをつけてではまったく落ちません。ですので、落ちない場合は油落とし洗剤を溶いた熱いお湯か、重曹を溶いた熱いお湯にしばらくつけ置きをしましょう。汚れが少し浮いてきたらクレンザーとタワシを使用して洗い落とすようにしましょう。しかし、クレンザーを使う場合は傷がついてしまう場合もありますので、研磨剤の入っていないものを利用するといいかもしれませんね。

汚れをつきにくくするコツとしてはレンジフード用の不織布フィルターを使用する事です。換気扇のフィルターに不織布を設置する事でフィルター自体に油がつきにくくなります。色が変わってきたら交換です。すると油汚れを一生懸命落とさなくてもキレイを保つことが出来ます。

そして、レンジは利用した直後にお掃除をするのがいいですね。少し汚れた時にサッと拭き取ることをして下さい。すると汚れが蓄積をして取りにくくなる事も防げますし、大掃除をする時も簡単です。

シンクの汚れ

キッチン周りの汚れ
シンクは料理を作る時にも欠かせない場所ですし、やっぱり汚れます。油の汚れとは違い、水を使用しますので、においが出たり、水アカが出たり、ヌメリや菌なども発生しやすい場所でもあります。では、そんんかシンクですが、どのように掃除をしていけばいいのでしょうか。

やはりシンクもこまめに掃除をするのが1番大切になります。まずは、使用した後はスポンジで丁寧に汚れを落としていきます。ゴミ受けなどはブラシのついたモノで裏から擦るとキレイに取れます。そこで、銀紙を丸めてゴミ受けに入れておくとサビやヌメリがつかないと言われています。

シンクの汚れを落とすポイント

シンクの汚れを落とすポイントは、重曹とお酢を使ってお掃除をしましょう。お酢ががない場合はクエン酸でも大丈夫です。
キッチン周りの掃除
重曹は弱アルカリ性で油汚れを浮かしてくれる効果があり、酢は酸性でカルシウムやミネラルが含まれている垢を落とす効果が高いのです。そして、汚れを落とすだけではなく殺菌効果も高いのでバイ菌が繁殖しやすいキッチンにはすごく向いている安全、安心です。

お酢を水で薄め、スプレー容器に入れます。シンクにお酢を吹きかけラップをして30分ほど放置します。お酢の力で水垢が浮いてきます。その後にスポンジなどで軽く擦りましょう。擦りずらい所は綿棒などでふくと良いでしょう。

終わったら全体を水かお湯で流してさっぱりキレイになります。タワシなどで擦ると、シンクが傷つく事がありますので、タワシでない方がおすすめです。

排水口の汚れを落とすポイント

排水口は重曹をふりかけてみてくだいさい。そして、ブラシで擦るとキレイになりますが、その上に熱したお酢をかけてみましょう。すると重曹とお酢が反応してしゅわしゅわと泡が出てきます。そしたら1時間ほど放置しておきましょう。するとヌメヌメが浮き上がってきます。最後におゆか水をかければここもキレイになります。

そして、この重曹とお酢ですが、2つが反応してしゅわしゅわしているので身体にも安心です。特に食品を使う場所のシンクなので、安全なモノを使うことが重要です。

このページのまとめ

キッチンの汚れは本当に困ります。特にキッチンはいつも使う場所で、食品を扱うのでいつもピカピカにしたいですね。
まとめ女子

本当なら毎日掃除が出来ればいいですが、なかなか出来ない方は週に1回を目標にお掃除をしてみましょう。

  • お皿を洗った後にちょっとお酢を吹きかけておき、重曹を流しておく!
  • アルミホイルを丸めて入れておく!
  • フィルターに不織布をかけておく!

このように、ちょっとした事をするだけでお掃除が凄く楽になります。是非活用してみましょう!

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事