BLOG

窓ガラスを綺麗にする方法とは?【必要な道具はこれ】

窓掃除のコツ

いつの間にか汚れてしまう窓ガラス。手垢や花粉や埃など窓ガラスは様々な汚れがついてしまいます。窓掃除をしようと雑巾に脚立を用意する・・・・と掃除の準備段階からすでに気が重くなってしまい、年に一回の大掃除の時にすればいいと思っている方も多いかもしれません。

しかし、家の窓が綺麗だと気持ちがいいものです。今回は窓ガラスを綺麗にする方法をご紹介します。

窓掃除にオススメな日

まず窓ガラスを掃除する際に最も最適なのは朝方かくもりの日です。朝方や曇りの日は湿度が高いので汚れが浮いてきて落としやすくなります。雨の日は拭いてもすぐ濡れてよごれてしまいますし、また逆に晴れの日にするとすぐ乾いてしまい拭き跡が残りやすくなってしまいます。冬場の乾燥する時期にも汚れが落としにくいため、年末の大掃除の時期よりも梅雨時期のほうが窓掃除には向いているといえます。

窓ガラスをする際に一緒に網戸掃除もするといいのですが、網戸掃除をする場合は先に行うようにします。なぜなら窓ガラスから掃除をすると網戸を掃除する際にはせっかく綺麗にした窓ガラスに汚れがくっついてしまうためです。網戸掃除からするようにしてください。

網戸を掃除する際には水を含ませたメラミンスポンジで上から下に拭くだけで汚れが落ちます。網戸は力を入れて掃除をするとたわんでしまう可能性がありますので、強い力で押すのではなく優しく拭いたり洗ったりしてください。

掃除方法

様々な掃除方法がありますが、今回は簡単にできる二つの方法をご紹介したいと思います。

スクイージーを使う
スクイージーとはプロの方も使う、ガラスワイパーです。大きなゴムベラになっており、液体洗剤や汚れなど濡れた汚れを一気にかき集めることができます。

まず窓ガラスにひどい汚れがついている場合はあらかじめ水で濡らした布を緩めに絞ってざっと拭き取ります。そして水や洗剤スプレーをかけ、その後スクイージーをかけます。一列終わったら次の列という順で行うといいでしょう。スクイージーを使うコツは一気にかけることです。自分もしゃがんで一緒に動くようにするとうまくいきます。動かす方向は一方通行で上から下へ一列ずつかけてください。次の列に移動する際にはスクイージーの水気を落とすことも必要です。

スクイージーである程度の水分がなくなったら取りきれなかった水分は、マイクロファイバーの布巾で綺麗に拭き取るといいでしょう。乾拭きの雑巾を使用するよりもマイクロファイバーを使用すると、より窓ガラスが綺麗に磨かれツヤが出ます。

新聞紙を使う
新聞紙を使用する掃除方法の場合も、ひどい汚れが付いている場合にはあらかじめ水で濡らしておき、ざっと拭き取る必要があります。新聞のインクで手が黒くなってしまうのでゴム手袋をして掃除をしてください。必要なものは新聞紙とバケツ一杯のぬるま湯です。新聞紙の一面をくしゃくしゃと丸めたボールを作り、ぬるま湯で濡らした新聞紙ボールで窓を拭き汚れを落としていきます。汚れが落ちたら今度は乾いた新聞紙で拭き上げて終わりです。

新聞紙のインクの油成分が窓ガラスについた汚れを分解し、ツヤをだしてくれます。新聞紙なら洗剤も特別な道具も使わないので、経済的にも嬉しいですね。

まとめ

窓ガラスの掃除の方法をご紹介しました。窓ガラスを掃除する際にはスクイージー、または新聞紙を使って簡単に掃除をすることができます。一年に一度の窓掃除ではガラスについた汚れを落とすのにも苦労します。また大掃除のシーズンは外も寒いため、その時期よりも効率的に汚れを落とすことができる時期に、窓ガラスを掃除するようにするといいですね。
メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.