BLOG

お風呂掃除の基本と仕方 ※正しいやり方

1日の疲れを癒したいバスタイム。そのためにも風呂場は清潔にしておきたいです。しかし、「風呂掃除」といっても、一体どこから手を付けたらよいのでしょう。今回は、風呂掃除について、各場所ごとの最適な掃除方法やタイミングを紹介します。

掃除のタイミング

毎日使っているとすぐに汚れてしまうお風呂場。いつ掃除すれば良いのでしょう?「汚れやすい箇所は毎日、それ以外は週1回」のようにタイミングを考えておくと、キレイなお風呂場をキープできます。お風呂場の中で汚れやすい場所は「浴槽」と「排水口」の2ヶ所です。この2ヶ所は毎日掃除しましょう。忙しくて時間のとれない方は、せめて2〜3日に1回のタイミングでも良いです。

また、お風呂の水垢汚れやカビの原因はずばり水分! です。お風呂場に〝水滴を残さない〟ということが大事になります。毎日の掃除の仕上げに水切りも行いましょう。この毎日のお掃除は、お風呂のついでに上がったあとをおすすめします。入浴後は浴室全体が暖かく湿っていて、汚れが柔らかくなっていて落ちやすいからです。その他の床や蛇口・小物などは週1回のタイミングで掃除しましょう。

毎日のお掃除

浴槽
スポンジに中性洗剤をつけましょう。浴槽は水位のところに皮脂汚れがたまりやすいです。まずは、そこを中心にくるくると円を描くように洗います。そのあと、浴槽全体を軽く洗いましょう。浴槽上部もほこりがたまりやすい場所です。忘れないように洗いましょう。

排水口
排水口に溜まった髪の毛やごみを捨てましょう。そのあと、スポンジ等でこすり洗いすれば完ぺきです。

水切り
お風呂上がりに鏡と壁全体の水を切りましょう。スクイジーや水切りワイパーを使うと簡単にできるのでおすすめです。

週1のお掃除

次の箇所を中心に掃除しましょう。
・ 床
・ 蛇口
・ ドア
・ 小物

どこも中性洗剤とスポンジを使うのが基本です。主な汚れは皮脂や石鹸カスなので、週1のタイミングでこすり洗いすれば十分です。最後に水ですすいで完了です。イスや洗面器・子供のおもちゃなどの掃除が面倒な小物類は、湯船の残り湯に1カップの重曹を溶かした中に一晩浸けておくだけで簡単に汚れが落とせます。

お風呂掃除の手間を省くために心がけたいこと

一度汚れてしまうとお風呂の掃除は大変になってしまいますが、下記のことを心がけると日々の掃除が楽になります。

換気扇は24時間稼働
カビ予防には湿気を逃がしてお風呂場を乾燥させることが一番効果的です。換気扇をずっと回しておくととカビの発生をぐっと抑えられます。

浴室に置くものは少なくする
お風呂場の汚れは置いてあるモノの量と比例します。頻繁に使うものだけを浴室内に置くようにし、頻度の少ないものは洗面所などに収納しましょう。

掃除道具はこまめに交換
道具自体が汚れてたら、掃除する度に菌を広げてしまうことになります。できるだけ立てかけたり、引っかけたりして水が切れる状態にしましょう。スポンジなどは1〜2か月に1度交換しましょう。

まとめ

毎日掃除することは面倒だと感じますが、少しずつで良いので頑張りましょう。毎日掃除をすれば、水垢やカビ・ぬめりなどが発生しにくくなり、快適な生活が送れるでしょう。入浴のついでにやってしまうと手軽でおすすめです。少しずつ努力をして、快適な生活を送りましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.