BLOG

クエン酸でお風呂掃除!洗剤は必要ない?【カビ効果は?】

入浴するたびに汚れるお風呂。毎日掃除をしている方でも、落としきれない汚れに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。水回りの汚れは頑固なものが多く、また気持ちの良いものではありません。そんな水回りの汚れが、重曹とクエン酸を使って簡単に落とせるのです!今回は、重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除方法をご紹介します。

重曹とクエン酸について

重曹
正式名称は炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性の性質を持っています。粉状のため、水に溶かしてスプレーにしたり、重曹2:水1の割合で練ってペーストにして研磨剤の代わりにしたりするなど、さまざまな使い方ができます。

クエン酸
かんきつ類や梅干しなどの「酸味」の成分です。クエン酸は酸性のため、カルシウムを溶かしアルカリ性を中和することができます。

汚れの種類と原因

まず、お風呂汚れの種類とその原因です。実際にはそれぞれが単体の汚れとしてあるのではなく、絡みあって頑固にこびりついてしまうことが多いようです

【水垢・湯垢】
水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル成分が堆積したものです。不衛生ではないのですが、日ごろから取り除かないとこびりついて頑固な汚れになってしまいます。

【ホコリ】
換気扇やドア、窓の桟、ルーバーに溜まりやすいのがホコリです。湿気やカビなどが絡みついて、換気の妨げになることもあります

【石鹸カス】
水道水に含まれるミネラル成分が石鹸や体の脂肪分と反応し、「水に溶けない石鹸」に変わってしまったものです。金属石鹸ともよばれています。

【カビ】
浴室の黒ずみの原因です。浴室は湿度が高く、カビにとっての栄養分(皮脂など)も豊富なため、放置しておくと根を張ってどんどん増えてしまいます。代表的なものに黒カビとピンクカビがあります。

掃除をしましょう

固い汚れ(水垢など)は酸で溶かし、やわらかい汚れ(手垢や皮脂、油汚れなど)はアルカリで落とす、と覚えておきましょう。

【浴槽】
浴槽の主な汚れは皮脂や汗などの酸性の汚れです。これにはアルカリ性である重曹を使いましょう。お湯が温かいうちに重曹(200ℓのお湯に対して重曹1カップ)を溶かし入れ、1日時間を置いてから洗ってください。他にも洗面器や椅子なども一緒に浴槽に入れておくと、これらの汚れも簡単に取ってくれます。

【洗い場・壁】
水垢や石鹸カスが非常に溜まりやすい箇所となります。シャンプーや石鹸などの汚れもアルカリ性のため、ここにはクエン酸が有効です。軽い汚れは水250mlにクエン酸小さじ2杯ほどを加えたクエン酸溶液をスプレーし、しばらく置いた後スポンジでこすります。これで落ちない頑固な汚れは、「クエン酸パック」をしましょう。

【クエン酸パック】
洗面器にひたひたのお湯を入れ、クエン酸大さじ5杯を加えて濃い目の水溶液を作ります。この水溶液に浸したキッチンペーパーで、汚れが気になる部分を覆いましょう。30分そのまま放置し、その後スポンジなどで擦ります。クエン酸が少しずつ水垢や石鹸カスを溶かしてくれるため、様子を見て必要なら時間を延長しましょう。

金属面をパックする場合は、水溶液を濃くしすぎない、パックする時間を長くしすぎないなど、金属の表面を傷めないよう注意してください。掃除後はクエン酸の成分が表面に残ってしまうことがあるので、充分に水拭きをしましょう。

【頑固なカビ】
クエン酸と重曹の合わせ技がおすすめです。クエン酸と重曹を同量ずつ混ぜ、カビの上に乗せます。その上からスプレーで水orお湯を吹きつけるとシュワシュワと泡が立ちます。そのまま30分ほど置いた後、きれいに拭き取ってください。壁面など粉が乗せられない場所は、クエン酸スプレーと重曹スプレーを交互に吹きかけてください。

なお、定期的に重曹スプレーを吹きつけて10~15分後にシャワーで流すお手入れを行うと、カビの予防や消臭に有効です。

まとめ

手強い汚れも、こびりつく前なら酸やアルカリの性質を利用して小さな労力で落とすことができます。人にも環境にも優しくて、これから大活躍間違いなしのクエン酸と重曹。お風呂の様々な汚れに対応してくれるでしょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.