BLOG

新築入居前、ワックスがけは必要?

ワックスがけ
新築に入居前に何かした方がいい事はある?とよく聞かれます。そんな時は「フロアコーテングをした方がいいよ」とお伝えします。ワックスのイメージはどうですか?わたしのワックスのイメージは年末にお母さんが一生懸命ワックスをかけて、「1時間は踏んだらダメだよ!」と言われたものです。

という事は大掃除の時に使用するのがワックスだと思うのですが、今回は新築の入居前に行う事としてワックスを紹介していきます。

フロアコーティング?

入居前なので、床はすごくピカピカです。業者さんもサービスでワックスをかけてはいます。しかし、新居前は思っているより汚れているのは知っていましたか?そして、業者さんがサービスでしてくれるワックスはさほど耐久性が高くないモノが多いので、入居前にはフロアコーティングをする事をした方がいいですね。

そして、なぜ入居前がいいのかというとフロアコーティングはフロア一面をクリーニングしますので、棚やテーブルを置いた後だとどかす手間もかかりますし、入居をした後だと、汚れを落とす手間もかかります。ですので、新築で引っ越す前にはフロアコーティングをすることをおススメします。

フロアコーティングの良さは?

ワックスがけ
フロアコーティングをする事で床を保護してくれ、長期間に渡り綺麗を保つ事が出来ます。そして、生活をしている上でもキズがついたりします。ペットを飼えば引っかき傷ももつきます。子供がいればおもちゃで傷もつきます。そんな傷も保護してくれます。そして、飲みこぼしや食べこぼしなどの後も残りません。

あと、掃除の手間も減ります。汚れが直接つかない為に汚れなどをすぐに落とす事が出来ます。そして、床コーティングをすることにより、転倒を防止する役目もあります。小さなお子さんや、お年寄りの方と一緒にすむのであれば特に必要になってきますね。

ワックスの種類

床のワックスは、油、蝋、樹脂を成分としていますが、ホームセンターなどで売られているのは樹脂系が多く、アクリルとウレタン、そしてこの2つを混合させたものなどがあります。

  • ウレタン樹脂・・・耐久性と柔軟性に優れている。伸縮性のあるフローリングに向いている。
  • アクリル樹脂・・・密着性がよく浸透性に優れている。美しい塗膜を作ることが出来る。柔軟性が乏しいので単体ではフローリングワックスには向いていない。
  • 混合樹脂・・・ウレタンとアクリルの特性を上手く利用したタイプのもの。

成分の調整具合で、フローリングに合わせたワックスを選ぶことをしましょう。その為に事前確認をしっかりしましょう。

このページのまとめ

最近はワックスフリーのフローリングが増えてきました。ワックスをかけなくてもいいフローリングです。表面加工がされているので、ワックスをかけなくてもいいのです。でも、ワックスをかけないという事はそれだけ、耐久性や傷も増え使用年数も少なくなっています。まとめ女子

そのため、フロアコーティングをする事で劣化をしないで長く綺麗を保つ事が出来ます。ワックスとフロアコーティングはまったく別です。何をしたいかは、床の木材を確認して使用してみましょう。

フローリングワックスは、ワックスフリーの床には汚れや傷がつかないように表面がしっかり処理されています。ですので、そこにワックスをかけてしまうと効果が消えてしまったり、逆に滑りやすくなる事がありますので、ワックスフリーの場合はワックスをかけるのは避けた方がいいですね。

フロアコーティングは、ワックスフリーの床にフロアコーティングをする事は可能です。長期に床を綺麗な状態で保ちます。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.