BLOG

新築の家で、入居後すぐにしておくと良いこととは?

ブログ記事

希望と夢がいっぱい詰まった新築!

新築の家なので、大切に使っていきたいですよね。入居した後にすぐしておいた方がいい事とか知りたくないですか?年末の大掃除は大変ですよね。新築だからといって掃除をしないというご家庭は無いのではないのでしょうか。ましてや小さなお子さんがいたりしたら大掃除なんて大変です。

そんな時に入居してからやっておくといい事をしておけば今後の掃除も楽!!だったら助かりますよね。今回はそんな今後の掃除が楽!!になる方法をご説明していきます。

床のお手入れ

まずは床です。家に入ってきて全体を見回すかもしれませんが、やはり床がピカピカしていたら、とても清潔に見えますね。ですので、床を綺麗な状態で保ちたいと思います。やはり、床は生活の一部ですので、長く生活をしていれば傷や汚れは着いてしまいます。
掃除
しかし、その素材にあったケアをしてあげる事で常に美しく保つことが出来ます。素材にあったケアの仕方もありますが、まずは新居に入居して行う事は床の拭き掃除と、フロアコーテングです。

フロアコーテングとは、床材を保護し、美しい光沢を長期間保つことが出来ます。生活をする上での傷や汚れがつきにくくする事が出来ます。ですので、今後のお手入れや掃除も楽になります。床の材質にもよりますので、業者さんに一度相談は必要になります。

以前のお家は年に1回とかでワックスをかけるメンテナンスをしていました。やはりワックスがけは大変です。実はフロアコーテングを新築時にするとこんなメリットがあります。

①家具も入っていないし、人も足を踏み入れていないので、一気に綺麗な状態でかけることが出来る。
②傷や汚れも着いていないので、綺麗な状態でキープ出来る。
③入居前に施工するので生活をするのにも支障がない。

業者さんによっては中古物件や、現状で住んでいる家にもフロアコーテングをしてもらえますが、やはり生活をしている最中ですので、家具の移動やワックスを剥がすことなどをしないといけなかったりといろいろと手間も時間もお金もかかる場合もあります。ですので、一番綺麗な状態の時にフロアコーテングをする事をおススメします。

水回りのコーテング


床のコーテングはやはり有名ではありますが、忘れてはいけないのがみずまわりのコーテングです。最近はユニットバス、トイレ、キッチンなどは様々な工夫がされており、カビや汚れがつかないようになっています。しかし、今後生活をしている上での汚れなどもありますので、水回りもコーテングすると、今後の掃除が楽になると思います。

引越し前に一度掃除を

新居に引っ越すので当然綺麗なのですが、工事や引き渡しまでの間に少しかもしれませんが、細かいゴミが溜まっています。

業者の方も掃除をしての引き渡しにはなりますが、家具を置いてから掃除は大変になりますので、一度掃除をして置いたほうがいいですね。

クロスのニオイなど、気になることもあるかもしれませんので、入居される前にチェックを兼ねてお掃除をしてみましょう。

換気

入居後には必ず換気をするといいでしょう。入居後だけではなく、今後にして欲しい事として、も換気は新築を綺麗に保つ事にも重要になります。毎朝、と毎晩に1〜10分程度でかまいませんので換気をして下さい。可能であれば、家中の窓を開けるといいでしょう。

家の中に外の風が通る事で家の中の湿ったり濁ったりしている空気も出ます。そして、空気の中に潜む水や油もあります。そして、怖いのが、空気中のホコリや水蒸気、油煙などが混じるとカビやダニの成長を促します。さらにはシロアリやゴキブリの定着にも繋がってしまう恐れもあります。特に台所や浴槽もですが、忘れがちなのが寝室です。毎日の換気を習慣にしましょう。

このページのまとめ

新居に引っ越すとなると、他にもたくさんやらないといけない事が山盛りあります。
まとめ女子
住所の変更、カーテンの購入、今後生活をする為の必需品の購入、引越しの手順や家具の配置。なんなら家具も購入しないといけないかもしれませんね。公共の手続きも必要になります。

でも、今後引っ越した後に今以上に気持ちよく生活を出来る為に引っ越す前に出来る事はしっかりやるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.