BLOG

トイレ掃除、あっと言う間にピカピカにする方法とは?

一日に何度も使うトイレ、きれいなトイレで気持ちよく使いたいとこですが、すぐに汚れてしまいますよね。しかし、便器・便座・床など、意外に掃除する場所がたくさんあるトイレの掃除は手間がかかってしまい億劫に感じる時も・・・

そこで重曹とクエン酸を使った掃除をおすすめします。この二つで酸性・アルカリ性どちらの汚れも一気に落とせて、消臭抗菌効果も?ここでは、重曹とクエン酸を使ったトイレ掃除方法を説明します。

トイレには重曹とクエン酸のわけ

「中和」と「分解」聞きなれない言葉ですが、これが汚れが落ちるしくみです。汚れと反対の性質を持つ洗剤を使用することで、汚れは「中和」・「分解」されるのです。これが汚れが落ちた状態。つまり、汚れを落とすには、汚れの性質に合った洗剤を選ぶことが重要なのです。

トイレに発生する黒カビやぬめり、黄ばみや黒ずみなどは、【酸性】と【アルカリ性】の物質が混ざった「複合汚れ」となります。そのため【弱アルカリ性】の重曹と【酸性】のクエン酸を併用することが、汚れを落とすカギとなります。

重曹とは
正式名称は炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性の性質を持っています。粉状のため、水に溶かしてスプレーにしたり、重曹2:水1の割合で練ってペーストにして研磨剤の代わりにしたりするなど、さまざまな使い方ができます。

トイレの便器やタンク内の黒カビやぬめりなどの酸性汚れには、反対の性質の弱アルカリ性である重曹が効果的です。
重曹には黒カビに含まれるタンパク質を分解する作用があります。また、アンモニア臭や腐敗臭の元となる物質を、中和することで臭いを消す消臭効果もあるため、トイレ掃除にはうってつけの洗剤です。

クエン酸とは
かんきつ類や梅干しなどの「酸味」の成分です。クエン酸は酸性のため、カルシウムを溶かしアルカリ性を中和することができます。従い、トイレの水垢や尿石などのアルカリ性の汚れには、酸性のクエン酸が効果的です。 尿石とは、便器に付着した尿が菌によってアンモニアに分解され、水に溶けないカルシウムと混じって蓄積したものです。尿石を放っておくと菌の増殖や悪臭の原因となるため、クエン酸でこまめに落としましょう。

クエン酸と重曹と混ぜて使うと炭酸ガスが発生し、気泡が汚れに吸着して落ちやすくなるため、便器内の頑固な汚れには合わせて使用するのが良いでしょう。さらに重曹の消臭効果と、クエン酸の除菌・抗菌効果で気になる汚れや臭いをスッキリ落としましょう。

トイレの場所別掃除方法

【便器のふた・タンク上】
布巾などに重曹スプレーを吹き付け、汚れた個所を拭き取ります。汚れが取れたら、仕上げに水拭きをしましょう。タンク上の手洗い用蛇口と水受けの水垢には、クエン酸です。クエン酸水を含ませた布巾などで拭き取るか、表面にクエン酸スプレーしたあとメラミンスポンジなどの柔らかいスポンジで擦ります。水垢が取れたら仕上げに水拭きしましょう。

【便器内側】
便器の内側にまんべんなく重曹スプレーを吹き付けて約3分放置したあと、トイレブラシで磨き上げましょう。もし黄ばみが落ちない場合はクエン酸スプレーを吹き付けて磨くと落ちやすくなります。

頑固な汚れはトイレットペーパーでパックするように汚れに貼り付け、しばらく時間を置いてからブラシでこすりましょう。
水を溜めている部分の輪染みのような黒ずみには、重曹とクエン酸を振りかけて発泡させ、20分程放置して汚れを浮かせてからブラシでこすりましょう。

【壁・床の掃除】
消臭効果のある重曹と除菌効果のあるクエン酸の併用が良いでしょう。重曹スプレーをタオルなどに吹き付けて、壁と床を拭きましょう。また重曹は手垢汚れにも効果的です。ペーパーホルダーやドアの取っ手も拭いておきましょう。重曹での拭き掃除が終わったら、クエン酸スプレーを吹き付けたタオルで同じように拭きましょう。

まとめ

汚れを落とす効果はもちろん、消臭効果も高い重曹はトイレ掃除のエコ洗剤としても大活躍してくれるでしょう。クエン酸と合わせて便器の尿石・黄ばみの除去にも効果的です。 重曹とクエン酸、この二つで様々な汚れが落ちるだけでなく、消臭・除菌効果も期待できます。人にも環境にも優しくて、これから大活躍間違いなしのクエン酸と重曹。エコな掃除、ぜひ取り入れていきたいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.