BLOG

岐阜県で家を建てる場合、家にかかる必要な建築費用とは?【意外とかかる費用】

必要な建築費用

家づくりの際に予算オーバーしてしまったという話はよく聞きます。家自体の費用はもちろんですが、それ以外にも外構や税金、家具家電購入費用などもかかります。意外とかさむ、こうした費用もしっかりと把握しておきたいものですね。今回は岐阜県で家を建てる場合に家にかかる必要な費用をご紹介したいと思います。

本体工事費用

建物そのものにかかるお金です。

構造全体を支える基礎工事に必要な「基礎工事費用」
構造材を加工したり組み立てをする「木工事費用」
外壁のサイディングや塗り壁など屋外の装飾工事をする「外装工事」
断熱材を壁や床下に取り付ける工事「断熱・気密工事」
コンセントの取付や水道管などの配線、配管を行う「電気工事・水道工事」
クロス貼りなどの装飾工事を行う「内装仕上げ工事」
お風呂やキッチン、トイレなどを設置する「住宅機器設備工事」
などがあります。本体工事費はあくまでも建物本体にかかる費用なので、外構(駐車場や庭)の費用は含まれておりません。だいたい本体工事費は総費用の7割〜8割ほどと言われています。

付帯工事費

建物以外にかかる費用のことをいいます。総費用のおよそ1.5〜2割ほどの費用がかかると言われています。

フェンスや門扉、庭を植栽などを入れたりアプローチをつける「外構工事」
家を建てられる状態にするために補強工事を行う「地盤改良工事」
水道管やガス管などを土地に引き込む「引き込み工事」
エアコンの本体や室外機を取り付ける「空調設備工事」
ダウンライトなどをつける「照明器具工事」

などがあります。こちらの工事費は土地の条件によって金額が大きく変わる可能性があります。地盤が弱い土地では地盤改良が必要になります。地盤改良費はその建てる地盤の強度や建てる家の構法によって変動します。また高低差のある土地や道路から離れている場合は、ガス・水道の引き込み費用が高くなります。

いくら土地が安くても、高額な金額を払って地盤改良をしなければ家が建たないという場合や、ガスや水道の引き込み費用が高くなるという場合にはその費用をあらかじめ見ておく必要があります。逆に整備された宅地を購入したのであれば別途費用は相場よりも安くなる可能性もあります。

諸費用

住宅取得の前後に支払うお金です。建築工事費の0.5〜1割程度かかります。基本的に現金払いとなりますので予算をきちんと確保しておくようにしてください。

土地や不動産の所有者を登記簿に記載し、所有権を得るための手数料が「登記手数料」
住宅ローン返済のために金融機関が信用保証会社からの保証をつける「住宅ローン保証料」
売買契約書と工事請負契約書を作成するための印紙代の「印紙税」
完成した家に引っ越すための「引っ越し費用」
新居用にソファやベッドなどを購入するための「家具購入費用」
地震保険・火災保険などの「保険料」
不動産を取得した際に岐阜県に支払う「不動産取得税」

などがあります。

まとめ

家を建てる場合に家にかかる建築費用についてご紹介しました。建物以外にも外構費用などの付帯工事費、また不動産取得税などの税金、引っ越し費用などがかかります。

もし総費用を3000万円と考えているのであれば建物にかけられる費用はおよそ2400万円までです。この金額を超えてしまうと予算オーバーになる可能性が高くなります。建物以外にかかる費用のことも把握して無理のない家づくりができるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事