BLOG

注文住宅の注文から完成までの流れを学ぼう

注文住宅の流れ

家づくりはほとんどの方が初めての経験になるかと思います。土地を購入して注文住宅を建てるのは分かりますが、どのタイミングで何をすればいいのかが分からないことだらけで不安になることも多いでしょう。今回はそんな家づくりの注文から完成までの流れをご紹介します。

1 予算を決める

家を建てるためにはお金が必要ですが、まず、住まいにどの位のお金をかけるのかを考えます。土地と建物はもちろんですが、住宅ローンの手続き代や引っ越し費用、家具代など色々とお金がかかります。それらをすべて合計していくらまでお金をかけられるのかという点を検討します。また住宅ローンを借りる場合には総額いくらまで借り入れが可能かを確認することも必要です。その範囲内で大まかに、土地代、建物代、その他の費用に振り分け、月々の返済額を確認して無理がないか確認してください。

2 土地と施工会社を探す

予算がだいたい決まったら土地探します。土地の広さと予算を比較して、自分の住みたい地域の土地を探してください。土地によっては住宅が建てられない場合もありますし、建ぺい率や容積率、法的規制があって希望する家が建てられないこともありますので確認が必要です。地盤改良が必要な場合もありますのでその費用も確認してみてください。

また家を建てる際に最も重要なのが、施工会社選びとも言われています。内覧会に行ったり、インターネットで調べたり資料請求したりして幾つかの住宅会社を選び実際の住宅のプラン作成をしてもらってください。実際に何社か検討している事を伝えると気合の入れ方も違ってきます。こんな家を建てたいというイメージを伝えておくとスムーズに進みます。希望する土地に希望する家が建つかどうか一緒に土地を見てもらうことで、建築の視点をプラスした土地選びができます。また「定期点検はいつなのか」「無料補償期間はいつまでか」など、アフターメンテナンスについても、忘れずに確認しておきたいところです。

3 土地の購入と契約

希望する土地が見つかり、施工会社も決まったら、次は敷地調査と地盤調査を行います。

敷地調査
その土地にどのような家が建てられるかを調査するもので、土地の条件、大きさ、形状、道路の位置、電気ガス水道各種の法的制限を把握するものです。

地盤調査
家を建てる際に必要な地盤の性質を持っているかなどを調査します。結果次第で地盤改良が必要になる場合があります。土地を検討する際に、その土地が以前田んぼだったり水はけが悪い土地などは地盤が柔らかいケースが多いので地盤改良費も必要になることを頭に留めておくといいでしょう。

土地を決めたら、契約前に不動産会社から「重要事項説明」を受けます。重要事項説明とは「購入する物件」と「売買契約の条件」についての細かい(しかし大切な)事項の説明のことで、売買契約の前に必ず行われます。購入後に後悔しないためにも、気になる事はきちんと確認してください。

そしていよいよ契約となります。一般的には手付金を払って契約となります。だいたい土地の10%ほどが多いです。また契約には「仲介手数料」「印紙代」などの諸費用も別途必要になる場合があります。

4 建物の契約

施工会社と相談し、設計や建物のプランニングをしてもらいます。自分たちの家でどんな暮らしをしたいのかをイメージして、希望を書き出して伝えるといいでしょう。付帯工事費や諸費用の見積もりも全て提出してもらい、金額を細かくチェックします。間取りが決定し、全て納得のいく内容になったら「工事請負契約」をします。

工事請負契約のあとに、「建築確認申請」をします。自分たちの家が建築基準法に適合しているかについて、施工会社が指定確認検査機関に申請をして、確認審査を受けます。これを受けなければ工事に着工することができません。

5 住宅ローンの申し込み

注文住宅の場合、建築会社へ工事の進行状況に応じて支払いを行わなくてはなりません。請負契約時に10%、着工時に30%、上棟時に30%、完成時に30%というのが一般的です。施工会社を決定してプランと見積もりが出た時点で、金融機関に住宅ローンの申し込みをして事前審査を受けます。事前審査にはプランと見積書が必要になります。事前審査でOKであれば、建築会社と工事請負契約を結び建築確認の申請をします。建築確認がおりてから本審査を申し込み、本審査がOKであればローン契約をして住宅ローンが実行されます。

6 工事

工事請負契約が終わり建築確認申請を済ませると、工事が始まります。地鎮祭や上棟式、近隣の方への挨拶なども必要です。また実際に工事が始まったら何度か現場を見に行きましょう。職人さんと話す事で進行状況なども実際に確かめる事もできますし、お互いの顔を見る事で満足できる家づくりができるでしょう。

7 引き渡し

工事が終わり、新居が完成しました。引き渡しの前には施工会社と一緒に建物をチェックする「施工検査」をします。具体的には壁や床の汚れや傷、ドアがしっかり開くかなどを確認してください。ここで問題が見つかれば修理を依頼して直してもらってください。施工検査も無事に済んだら引き渡しです。保証書と家の鍵を受け取ります。入居が完了すれば登記を行って住宅ローンを支払っていきます。

まとめ

簡単に注文住宅の注文から完成までの流れをご紹介しました。あらかじめ流れを知っておくことで、効率よく家づくりができますね。計画するのが一番大変ですが、それが一番楽しい部分でもあり、最も重要な部分でもあります。自分たちでしっかり考えて進めていく事により理想の家が実現するでしょう。余裕をもって焦らず家づくりを進めていってくださいね。
 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.