BLOG

資金計画を立てる step3

諸費用を考える

前回、「資金計画を立てる step1」にて資金計画3本柱の話をしました。その資金計画3本柱のうちの「諸費用」とは何なのでしょうか?どのような項目があって、どのくらいかかるものなのでしょうか?

今回はその諸費用について紹介します。

諸費用について

住宅ローンには、金利の計算だけではすまない細かい出費があります。例えば、住宅ローンの手数料や申請に必要な印紙代、保証料などです。また土地を買えば地盤調査や上下水道引込み工事や盛土工事などの工事があり、そのすべてにお金が必要となります。

総費用のおよそ10%を占める諸費用も建築工事費と同じように家を建てるのにとても大切なお金となります。諸費用にはなにがあり、どのくらい費用がかかるのかを知っておき、しっかりと準備をしましょう。

下記に主な諸費用をまとめましたのでご一読ください。

住宅ローン関係の諸費用

・住宅ローン手数料
 住宅ローンを申し込む時の手続きに対する報酬として支払う手数料。
・印紙代
 ローン契約書に印紙を貼る形で支払われる税金。
・各種証明書取得料
 住宅ローンを契約する際に必要な各証明書を取得するときに各機関に払うもの。
・保証料
 住宅ローンの返済ができなくなった時に、保証会社に住宅ローンの肩代わりをしてもらうために払うお金。
 諸費用の中で一番高額なものです。
・つなぎ資金利息
 住宅ローンを申込んだとき、実際に融資がおりるまでのあいだ組むことができるローンの利息。

登記費用関係の諸費用

・建物表題登記
 新築の建物の登記を行うための測量費用など、土地家屋調査士に支払う報酬。
・土地所有権移転登記 / 建物所有権保存登記
 土地所有権移転登記・建物所有権保存登記の際の登録免許税。司法書士の交通費などの諸費用。
・抵当権設定費用
 住宅ローンを契約する際の抵当権設定登記に必要となる登録免許税と司法書士の報酬。
・開発費用
・農地転用費用
・所有権移転費用
・住所移転登記費用

その他の諸費用

・不動産仲介手数料
 土地や中古物件や一部の新築一戸建てなど、仲介会社を通して物件を購入する場合に仲介会社に払う手数料。
・契約書印紙代
 売買契約書や請負契約書などの契約書を作成する際にかかる税金。
・地鎮祭・上棟式費用
・建築確認申請料
 建築基準法などの法令に適合しているかどうかを審査するのに必要。
・完了検査料
・不動産取得税
 土地や建物などの不動産を取得した際にかかる税金。
・固定資産税
土地や建物などの固定資産にかかる市町村税。
・都市計画税
 固定資産税と同じように市町村が条例で課すことのできる税金。
・地盤調査費用
・地盤補償費用
・水道加入料
・水道設計料
・排水許可申請料

まとめ

代表的な諸費用について紹介しましたが、上記の費用の他にも引っ越し代や粗大ごみの処分代、家具・インテリア・家電等の購入費用なども必要になります。

住宅購入の際には、購入金額の他にこれだけたくさんの諸費用が必要になることがお分かり頂けましたか。これらの費用は猶予がなく即座に支払わなければならないものばかりです。建築工事費とは別にしっかりと貯蓄をし、諸費用にもあてられるよう考慮して支払いに備えましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.