BLOG

注文住宅を建てる前に知っておくこと

建てる前に知っておくべき事

家を建てたいと思った時に、まず何から始めればよいのか検討がつかないという方も多いのではないでしょうか?注文住宅を建てる前にある程度の知識を得ていると、何が必要で何を決めれば良いのかがだいたい分かり、家づくりもスムーズに進みます。今回は注文住宅を建てる前に知っておくべきことをご紹介します。

家を建てる時の流れを把握する

家を建てるときにいつ、何をするべきなのかを把握しておくと家づくりもスムーズに進みます。だいたいこのような流れになります。

1、どんな家にしたいか、イメージをして計画を立てる。

2、土地がない場合には見に行って情報を収集する・家の施工会社を何社かまわる。

3、家を建てる際必要なお金を確認し、実際にいくらのローンが組めるのか確認する。

4、施工会社を決める・土地取得を進める。

5、建築方法や間取りなどを細かく決める。

6、家の工事が始まる。

7、家が完成したら引っ越して入居する。

子供が小学生になるまでには住み始めたいなど、完成予定時期から逆算していけばいつまでに何をするべきかわかります。工期に関しては悪天候が続けば遅れることもありますので、余裕を持って計画をしていくことも大切です。

家でどんな生活をしたいかイメージする

自分たちがその家でどんな暮らしをしたいかイメージを膨らませることです。食材を買いに行く際にも、作る献立のイメージをして行くと、何がどれぐらい必要なのかがわかると思います。家づくりも、同じです。家を建てる前にイメージをすることで家づくりの目指す方向が見えてくるようになります。

例えば、吹き抜けがあって明るい家だったり、子供が走り回れるような広い庭がある家だったり、老後も安心して暮らせる家だったり...とコンセプトを決めるといいでしょう。インターネットや実際に住宅展示場を回ったりしてイメージを掴み、自分たちのやりたい家づくりはこれだ!!と住みたい家のイメージを決めましょう。

家づくりの予算を考える

家を建てるにはお金が必要です。家づくりにかかる予算はいくら必要なのでしょうか?建てる家の大きさや設備によっても大きく変わってきますが、だいたい3000万円など総額で予算を見る方が多いです。しかし、支払いは毎月の分割になりますので月々の返済額でみることが大切です。だいたい、現在の家賃や光熱費を目安にしてください。家を建てても生活の水準はほぼ変わりません。同じ給料をもらって生活をしていくことになりますので、現在の収入に応じた無理のない支払いができる額での住宅ローンを組むことが大切です。

現在の生活に余裕があるなら家賃より少し高いローンでもいいでしょう。現在の生活が苦しいというのであれば家を建てたから生活ができなくなったということのないように、家賃より安くなるようにローンを組み、現在の生活にある程度余裕を持った資金計画をしてください。途中で返済が滞ると家を手放さなければならないこともあります。

また頭金や引っ越し費用、登記費用など家を建てる前に必要な費用もあります。これらのことも考えて予算を立てなければなりません。建物本体費用以外に必要な諸経費はいくら必要なのかを把握しておかないと、結果として予算を大きくオーバーしてしまうこともありますので、注意が必要です。

まとめ

家を建てる時に知っておくべきことをご紹介しました。家を建てるには様々な工程を踏み、一つずつクリアしていくことが必要です。ある程度の知識をつけて家づくりを進めていけるとスムーズに進みます。この時期までに家を建てたいという予定があるのであれば、余裕をもって準備を進めていき、理想の家が建つようにしてください。
 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.