BLOG

都市計画道路予定地とは?メリットとデメリット

都市計画道路予定地

マイホームを計画していて、気に入った土地がありその土地を購入しようと思ってよくよく調べてみるとその土地が都市計画道路予定地だったといった場合があります。そもそも都市計画道路予定地とはどのような土地のことを言うのでしょうか??またその土地を購入しようと思った際のメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

都市計画道路予定地とは

都市計画法に基づく道路整備が予定されている土地のことです。地域の人たちが生活しやすいように道路を広げたり道路を作るといった計画がされています。この計画道路予定地は、二種類あります。「計画決定」と「事業決定」です。

計画決定
計画決定したものとは、今後は道路工事に取り掛かる可能性があるものの、工事が予定されていないものも少なくありません。場所によっては40〜50年経過してもなにも変わっていない場所も多数あります。

事業決定
事業決定したものとは、工事が決定しており「◯年から工事に取り掛かる」ことが決まっているものになります。こちらであればもし住宅が建っていた場合立ち退きをしなければなりません。

この二種類の計画道路予定地ですが、建物を建てる際に制限があります。計画決定の場合は「階数が二階建ての建物しか建築ができない」「地階は作れない」「構造は木造や鉄骨造などで取り壊しが比較的楽なものでRC造の構造は不可」となります。事業決定の場合は「応急的な建物等以外は不可」となりほとんどのものが建築することができません。

メリット

このように制限が多い都市計画道路予定地ですが、住宅を建てることができます。その際のメリットもあります。まず、都市計画道路予定地が事業決定した場合は、立ち退きをしなくてはいけませんが、代替地として「市街化調整区域の土地にも家が建てられる」ことが認められています。

市街化調整区域とは建物が建てられない土地です。この市街化調整区域ですが、建物が建てられない土地ということで通常の土地に比べて安くなっています。なので立ち退きをしなければならなくなった場合、通常よりも安い値段で土地を購入することができるのです。

次に、建築制限があるため土地としての利用価値が低いとみなされ、都市計画道路予定地は相場よりも地価が低く、購入しやすいです。もしその土地が事業決定した場合は、土地の買収や建物を取り壊す補償金など支払われるため金銭的な負担はありません。

さらに、税制上のメリットもあります。固定資産税・都市計画税の軽減措置を取っている自治体も多くあります。また評価額が下がると、将来相続をする際に相続税評価額が軽減される場合もあります。

デメリットb

逆にデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?やはりなんといっても将来的には道路になる可能性がある土地です。もし事業決定に移行し道路建築が始まった場合は、土地を買収するお金や補償金が支払われるため金銭的な負担はありませんが、住み慣れたその土地を立ち退かなければなりません。立ち退き時の引越し、仮住まいの手配やローンの借り換えなど手間がかかります。

また宅地として土地を購入しマイホームを建てる場合、「階数が二階建ての建物しか建築ができない」「地階は作れない」「構造は木造や鉄骨造など」といった制限がありますので、例えばRC造の住宅は建てられないなど自分の望む方法で住宅を建てられない可能性もあります。また通常の建築確認申請とは別に、都道府県知事の許可を得るための申請も必要になります。

まとめ

都市計画道路予定地を購入する際のメリット・デメリットをご紹介しました。事業決定した場合には対象部分を売却し引き渡す必要があるので、立ち退かなければならない場合もあります。また建築上の制限もあります。

しかし一般的な土地よりは格安で購入でき、相続税対策としても活用できる土地です。メリットとデメリットをしっかり把握した上で、購入を検討してみてください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.