BLOG

新築の地震対策!家具や家電の転倒を防止する方法

地震対策
いつ来るかわからない大きな地震。地震の発生を未然に防ぐことはできませんが、対策をすることにより被害を最小限に食い止めることは可能です。

大地震では家の中の家具が凶器になると言われています。震度7の地震が来ると、テレビが倒れるではなく、飛んで来ると言うのです。家具や家電の耐震対策が必要なのです。

鉄骨でも木造でも大地震が来たら必ず揺れます。地盤と建物に加え、家の中身の対策も考えましょう。

家具の転倒対策

備え付け家具
1)備え付け家具
キッチンの背面収納や靴箱やテレビーボードや書棚、これらを新築時に備え付けにしてしまえば地震で倒れることを防げます。お値段ははりますが、地震で倒れてしまったときの損害を考えると出せる金額ではないでしょうか?

2)備え付け家具を設置できない場合
備え付けが出来ない時は、壁に固定するか天井と家具の隙間を無くしてしまいましょう。

  • 壁にL字金具などで固定する。
  • 壁や床に直接固定できない場合、2種類以上の器具で上下から固定する。
  • 上下が分割している家具は金具で連結する。
  • 壁への固定が困難な場合は、天井との隙間を埋める

家電の転倒対策

大型の家電製品の地震対策は家具と同様、基本的には高さに対し、隙間なく設置することで倒れるのを防ぐことができます。
地震対策
転倒・落下しやすい家電製品は地震に備えて固定しておくことが望ましいのですが、万一固定器具が外れて転倒・落下した場合に備え、けがをしたり、避難障害にならないなどのレイアウトでの工夫なども合わせて行うことが大切です。

【テレビ】
テレビを壁掛けにするとテレビが倒れたり飛んで来たりすることを防ぐことができます。新築の設計段階であるなら、壁掛けができるようにテレビを掛けたい部分に裏地を仕込んでおいてもらいましょう。
壁掛けが難しい場合は、テレビ台にネジ止めをするかジェルマットを敷いて対策しましょう。

また、下記のポイントも対策になります。

  • 高いところにテレビを置かない。
  • 不安定なところに置かない。
  • テレビを台からはみ出して設置しない。
  • 万一転倒した場合に備えて、就寝場所や避難障害となる所にテレビを置かない。

【冷蔵庫】
最近の大型冷蔵庫の中には、重量が100キログラム近くに達するものがあり、地震による転倒や移動は大変危険です。

冷蔵庫の底には運送や、配置換えの便を考えてキャスターが付いています。キャスターのロックが外れていると地震の揺れで容易に大きく移動する可能があり大変危険です。定期的にロックの確認をしましょう。

また、冷蔵庫の上部をベルトなどで背面の壁と連結することが有効だと考え られます。冷蔵庫自身への対策も必要ですが、地震の時、落下の恐れがあるので、冷蔵庫の上に物を置かないようにしましょう。

【電子レンジ・オーブン】
電子レンジやオーブンはレンジ台等に乗せて使用することが多いので、揺れによる台からの落下防止をすることが重要です。電子レンジをレンジ台か壁と固定することで落下を防げますが、必ずレンジ台自体を壁等に固定してください。また、下記のポイントも対策になります。

  • なるべく高いところに置かない。
  • 台からはみ出して置かない。
  • レンジ台を水平で安定したところに置く。
  • 扉は常に閉めておく。
  • 電子レンジの上に物を置かない。

例えをあげるとキリがありませんが、固定できるものは壁に固定する。小さな物はジェルマット等を利用して固定するという方法になります。

このページのまとめ

地震の対策は建物だけではなく、地盤・家具・家電など様々な角度から考えなくてはいけません。
まとめ女子
地盤が強く、強固な家に住み、家具、家電がしっかりと固定されていれば安心して生活ができます。大事な家族の命を守る為にも地震対策をしっかりと考え、いざというときのために備えましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.