BLOG

注文住宅の耐震構造

耐震構造について

地震大国と呼ばれている日本ですが、今後もいつ大きな地震が起こるかはわかりません。東日本大震災の際にも、木造住宅の多くが倒壊し、耐震基準を満たした住宅でさえも倒壊被害は受けていたそうです。これから注文住宅を建てようとするなら地震に強い家にしたいという思いは当然ですね。今回はそんな注文住宅の耐震構造についてご紹介します。

耐震基準

家を建てる際には、建築基準法にて明確な基準が定められています。この基準は大きな地震があるのをきっかけに何度か見直されており、1981年に耐震基準が大きく改正されました。これを「新耐震基準」といい、壁量規定が見直され、これをきっかけに住宅の耐震性が大きく向上しました。具体的に言うと、震度6〜7で倒壊しないもの、震度5強で損傷しないものと定義されています。現在の新築はすべてこの「新耐震基準」を満たしていることになります。

さらに、地盤調査に基づいた基礎の仕様、壁の配置などについて2000年にまた大きく改正されました。これにより木造住宅の耐震性能はさらによくなりました。

耐震等級

耐震等級とは、より良い住宅を建てるための品質確保促進等に関する法律で、これに基づいて作られた住宅性能表示制度の10分野のうちの一つをしめす数値です。倒壊防止と、損傷防止などについて点数をつけて表示をする制度で、耐震等級1~3の3段階に分かれています。

・等級1

建築基準法で定める地震力(数百年に一度程度の地震)に耐えられるものとされています。「新耐震基準」を満たすものです。

・等級2
等級1の1.25倍地震に対する力が強い家のことで、学校や避難所と同じレベルです。

・等級3
等級1の1.5倍地震に対する力が強い家のことで、病院や消防署と同じレベルになります。

耐震基準でもあげたように、現在の新築の家であればすべて新耐震基準を満たしています。そのため、最低でも耐震等級1は満たしています。

地震対策

家の構造上の地震対策としては、「耐震構造」「免震構造」「制振構造」という三つの方法があります。

・耐震構造
地震に耐えられるように設計された構造を「耐震構造」といいます。太く頑丈な柱と梁で建物自体が強度を高めて揺れに抵抗します。建物自体は激しく揺れますが、倒壊までにはいたりません。

地震のエネルギーが建物に直接伝わるため、制振構造や免震構造に比べて地震の揺れで壁や家具の損傷を受けてしまいます。家具類の転倒を防ぐために事前に対策が必要です。外壁や室内の壁紙などが破損し、実際に地震が起きた際にその後の居住には耐えられなかったり、建物自体の資産価値がなくなってしまうという可能性もあります。

・制振構造
新しい構造形式です。制振構造の特徴は建物にエネルギーを吸収するダンパーを設置するところです。耐震構造に比べ、風の揺れに強く制振部材が地震エネルギーを吸収するため地震による被害を抑えることができ、ゆれは小さくなります。また内装、外装の損傷は軽減されます。ただし耐震構造と同様に家具類は転倒する恐れがあるため事前の対策は必要です。

・免震構造

建物と土地の間に積層ゴムなどの装置を入れることにより、建物の揺れを軽減し、壊れにくくする構造です。地震の時の揺れを通常のおよそ3分の1まで軽減することができます。揺れにくくなるため家具の転倒も少なくなり、内装外装の被害も大幅に減らすことができます。ただし、地盤と建物の縁が切れていますので強風時には建物が揺れる可能性があります。(台風時には建物を固定する装置がついています)この三つの中で最も安全なのはこの免震構造ですが、コスト的にも一番高いとされています。

まとめ

自然災害である地震は避ける事ができません。しかし地震が起きた際に地震対策をしていることで被害を最小限に抑えることができます。地震に対する考え方や建物の構造は施工会社によっても変わってきます。またコストも大きく変わってきます。これから新築を建築される方々は、その施工会社がどのような地震対策をとっているのか、一度確認してみるといいでしょう。
 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.