BLOG

外壁の種類を徹底比較!【見分け方と失敗しない選び方】

外壁の種類

外壁には様々な種類があります。選んだものによりその家のイメージは大きく左右されます。 素材や質感、仕上げの状態がその家のデザインの大きなポイントになります。

また過酷な外気、紫外線などからその家を守ってくれて、住まいの寿命にも関わってくる重要な素材なので、耐久性や耐水性などにも配慮してじっくり選ぶことが大切です。

外壁の種類を比較し失敗しない選び方をご紹介したいと思います。

サイディング

家の壁に対して外装材を一枚一枚貼り付けたものをサイディングといいます。 7割から8割の住宅がこのサイディングを選択しており、現在主流の外壁材です。 このサイディングは窯業系、金属系、木質系、樹脂系の四種類があります。

この中で主流なサイディングは 「窯業系サイディング」です。 非金属原料(粘土やガラス、セメントなど)を高熱処理してつくられる、人造外壁材です。

こちらは外壁のバリエーションが豊富です。 また工場で生産加工しているため、現場での下準備を省くことができ、作業も早くなるため比較的安価です。 地震や防耐火性にも優れており火災でも燃えにくく、類焼や延焼を防いでくれるでしょう。

一方、デメリットもあります。 一定の大きさにカットされて工場で加工処理されているので、それを現場でカットすると防水加工処理されていない部分が発生してしまいます。 シーリング材で切断面は保護しますが、このシーリング材がサイディング本体よりも劣化が早いのでメンテナンスが必要になります。

次に「金属系サイディング」です。 最近耳にすることも多くなってきたガルバリウムもこの金属系サイディングです。 スチール板などを金属を表面に用いてその裏に断熱材を入れる外壁材になります。 防火性、防水性に優れており、素材自体が軽いので家への負担も軽くすみます。

また窯業系サイディングとの見分け方は、見た目もそうですが、窯業系サイディングは目地のつなぎ目をシーリング材で埋めますが、金属系サイディングにはそれがありません。 このシーリング材の寿命は外壁材よりも早く劣化をするため、窯業系サイディングよりはメンテナンスが少なくすむというのも大きなメリットです。

しかしデメリットは、デザインが豊富な窯業系サイディングに比べると金属系サイディングは色を選ぶ 程度の選択肢しかありません。 ピッチの違いで雰囲気を変えることはできるでしょう。

モルタル

モルタル
セメントと砂を混ぜたものをモルタルといい、塗装して仕上げていきます。 サイディングとの違いは工場で作られたものを並べるだけのサイディングに対して、すべて職人の手作業であるため模様のつき方から吹きつけ塗装の厚さまで個人差がでます。

塗り方によって波模様にしたりとデザインに自由がききます。 また窯業系サイディングと比べるとシーリング部分がありませんので、耐久性に優れています。

しかしモルタルには防水機能がありません。 防水機能がついた塗装をする必要があります。 またひびが入りやすいのもデメリットではあります。

モルタル壁の上に塗装をするタイプが「ジョリパット」や「漆喰壁」「珪藻土壁」などです。 特にジョリパットは非常に弾性があり粘り強いという特質をもっているためひび割れしにくい外壁になります。しかし顔料を混ぜて着色しているため色あせのしやすさがあります。 凸凹している部分から汚れがつきやすいのもデメリットです。

ALC

Autoclaved Light weight aerated Concreteの略で、内部に無数の気泡を含んだ特殊な軽量コンクリート外壁材です。 アルミニウム粉末や珪石、セメント、石膏などからできています。 防火性、耐火性の高い外壁材で、防火区域の壁にも使用されています。

また遮音性にも優れており外の音が気になる地域の場合、とても有効です。デメリットは水に対して弱い部分があり、防水性がなく、吸水性が高いです。 サイディングのように工場で作られたものを現場で貼り付けていくのですが、こちらもつなぎ目が劣化しやすいのでその部分のメンテナンスが必要です。

タイル

モルタルなどの外壁塗装時に1枚1枚タイルを埋め込むような形の外壁になります。 バリエーションも豊富で贅沢で華やかな印象の家になります。外壁の劣化原因ともなる紫外線の影響をほぼ受けないので、耐久性に強く変色もしにくい外壁といえます。

デメリットは初期費用がかかるという点です。ただ耐久性も高いため長期的に見ると、メンテナンス費用は抑えることができます。

このページのまとめ

外壁の素材選び、種類が多いですが、外壁は家の印象を左右する大事なものです。
まとめ女子
なるべく初期投資を抑えたいという方はサイディングがオススメです。

ただしメンテナンスの費用もしっかり貯蓄しておく必要があります。 こだわりをもった外壁にしたいという方には塗り壁がいいでしょう。サイディングにはない唯一無二のデザインと温かみがあります。

また外壁タイルも耐久性が高く高級感のある外観になります。こちらも初期費用は高くなりますがメンテナンス費用は安くすみます。 住み始めてから後悔をしないように、それぞれの素材のメリットデメリットを考慮しながら、素材も色もじっくり時間をかけて選ぶようにしましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.