BLOG

外壁が長持ちする家づくりとは?【3つの重要ポイント】

外壁が長持ちする家づくり

外壁は建物の顔ともいえる大切な存在です。また家の内部を守ってくれる役割もあります。夏の暑い紫外線や冬の寒い外気、また台風など過酷な環境にさらされている私たちの家ですが、少しずつ外壁はダメージを受けています。

そのダメージを受けた外壁を放置していると家の寿命も短くなってしまいます。

だいたい築10年経った頃に家の外壁をメンテナンスする家が多いようですが、最初からそのメンテナンスが必要ない家となると、外壁はリフォームの費用がかからず経済的負担が少なくすみますね。

そのようなメンテナンスフリーな外壁材はあるのでしょうか??実際のところそのような外壁材は現在はまだありません。 ただ汚れがつきにくく劣化しにくいといった素材はあります。

今回は外壁が長持ちする家づくりのポイントをご紹介します。

1、耐久性が高い目地

サイディング系の外壁やタイルの境目には目地があります。 目地は動きを吸収し、地震などが起こった際の揺れによって外壁にヒビが入るのを防ぐためのものです。 また家の内部に雨水が入らないようにするといった役割もあります。

この目地ですが、外気にさらされ、ひび割れや亀裂が入ってしまいます。

外壁よりも早く劣化することもあるようです。 そうなってしまうと、目地の役割が果たせなくなり、ひび割れをしやすくなったり雨水が侵入しやすく なってしまい家の内部の劣化が進んでしまいます。 なのでこの目地の劣化を防ぐ必要があります。

この目地ですが、二種類あります。

シーリング目地

サイディングのボードとボードの境目にある目地で、シールというゴム状のものが埋め込まれていま す。このシールをシーリングといい、サイディングを貼り終わった後、マヨネーズ状になっているシールを目地に注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。

このシーリング目地に紫外線が直接あたる格好となって劣化していきます。 だいたい10年で劣化が始まります。そのためのちのちの雨水の侵入等を防ぐためにも打ち直しの工事が必要になってきます。

最近では、特に高い耐久性があるシーリング材が出てきました。初めの価格が高くても耐久性が高いシーリングを選んでおけば、メンテナンスを減らすことができるので結果経済的負担は少なくすむかもしれませんね。

タイル目地

タイル外壁のつなぎ目をタイル目地といいます。 この目地が劣化してしまうと、こちらも雨水等が侵入するようになり、タイルを貼り付けている接着剤 が劣化し、タイルが剥がれてしまう恐れがあります。 それを防ぐものとして吸水防止材があります。

吸水防止剤とは塗料の一種で雨水などの侵入を防ぐ機能があります。またもし雨水が侵入してしまっても、その水分を放出させる通気性があります。この塗料を使用することで耐久性を高め目地の寿命を延ばすことができるので、タイルの外壁を長持ちさせることになります。

2、耐久性の高い塗料

外壁を長持ちさせるには、耐久性の高い塗料を使用することが効果的です。 そのような塗料を使用することで、長持ちする外壁にすることができます。その中でも特におすすめなのが「無機ハイブリット塗料」です。

従来の有機塗料に無機塗料を掛け合わせたものがこの無機ハイブリット塗料です。

無機塗料は、汚れにくい、耐候性が高いという特徴があります。ただ、硬いのでひび割れしやすいというデメリットがありました。

そこでそれらの弱点を補おうと、柔らかい有機塗料と掛け合わせたのが無機ハイブリット塗料です。 無機塗料の耐候性を持ちながら、有機塗料の柔軟性も併せ持つこの塗料によって、メンテナンスフリー に近づけることができます。

3、耐久性の高い外壁材

最近は、メンテナンス性が高い外壁材を開発している業者もあり、そのような外壁材を選ぶことはやはり外壁を長持ちさせるポイントでもあります。

ただ、そのメンテナンス性が高い外壁は性能が本当か、パンフレットや業者の話を聞いてじっくり選ぶ必要があります。またもしもの際の保証がどうなっているのかも詳しく聞いて、検討するしてください。

このページのまとめ

まとめ女子
外壁が長持ちをするポイントを三つご紹介しました。 外壁全体の劣化が目地からつながることがあるので目地のメンテナンスが必要です。

また耐久性の高い塗料を選ぶこと、外壁材の種類もメンテナンスが必要ないといわれているものを選ぶのもいいですね。住宅にあったデザインや予算も考慮して、外壁を上手に長持ちさせる方法を選択してください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事