BLOG

シーリングファンは付けた方がいい?その効果とは?

シーリングファン
マイホームのリビングは吹き抜けに。。そんな憧れを描いている方も多いのではないでしょうか?

そんな吹き抜けにセットとしてあるのがシーリングファンです。高級ホテルやおしゃれなカフェなどの天井についていて、インテリアとしてもオシャレですよね!

ただシーリングファンというのは実際付けた方がいいのでしょうか?またどのような効果があるのか、分かりやすく説明します。

シーリングファンとは?

シーリングファンは一度は目にしたことのあるでしょう、天井に取り付けるタイプのファンのことをいいます。

ファンは装飾品としての印象をお持ちの方も多いようですが、本来は部屋の空気を循環させるための設備として取り入れられています。

シーリングファンの効果

シーリングファンの効果
空気を循環してくれるサーキュレーション効果

天井でファンがくるくると回ることで、室内に空気の流れが出来ます。一般的に冷たい空気は下に、暖かい空気は上に行く性質があるため、エアコンをつけてもなかなか快適な温度にはなりません。

エアコンだけでは室温を一定に保つ事が難しいですが、シーリングファンを回すことで暖かい空気と冷たい空気を攪拌することができ、快適な温度で室温を保つことができるようになります。

空気が循環されることになるので、空気のよどみがなくなるのです。この効果は、特に吹き抜けなど、空気がよどみやすい構造の場合にはとても有効です。

季節によってシーリングファンの風向きを変えることも大切です!夏場は、直接ゆったりとした風を人に当てて体感温度を下げます。風速1.0m/s気流で体感温度が3.3℃も下がるといった実験結果もあるそうです。

また、冬場はファンの風向きを上に、壁をつたい暖かい空気が足元に流れるようにします。天井側に逃げがちな暖房の熱気を、床から天井までまんべんなく行き渡らせることで、室内の空気が均等になり、全体的に効率よく暖めることができます!

シーリングファンを回すための電気代が気になりますが、製品によって多少の消費電力に差は出てくるものの扇風機を回すのとさほど大差はないようです。エアコンにかかる電気代の削減の方が多ければ結果、電気代の削減に繋がりますね!!

インテリアとして

シーリングファンは室内のインテリアのアクセントとして、十分に活躍してくれます。家に取り付けるだけで一気にオシャレ度がアップします。

リビングでのんびりしている時、天井でシーリングファンがくるくると回っていたらどうでしょう?非日常空間が味わえるのではないでしょうか。

シーリングファン自体のデザインも様々あります。カフェ風なデザイン、無骨で男前なデザイン、ナチュラル系のデザインなど種類も豊富にありますので、部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことができます。

またシーリングファンにはライトが一緒に備えついているものもあります。これをシーリングファンライトといいます。こちらのタイプであれば照明として機能させることもできますし、ファンだけのものとはまた違った雰囲気になります。

このページのまとめ

まとめ女子
シーリングファンは見た目のオシャレさだけではなく、省エネ効果も高いことが分かり意外だと思われた方も多いのではないでしょうか?

冷暖房効果を効率よくUPさせてくれて、しかもシーリングファンを回す電気代はそんなにもかからない。エアコンの設定温度を節約のためにと調整したいけれど、快適性を考えると中々実践できない、でも電気代はなるべく安くしたい。。。

シーリングファンならその要望に応えてくれます。天井が高いリビングや吹き抜けをお考えの方、冷暖房効率のことを考えてシーリングファンの設置も検討してみてはいかがでしょうか?

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.