BLOG

コンセントを付ける位置を決める!※注意点と5つのポイント

コンセントを付ける位置
注文住宅を計画する際、まず間取りから計画していくでしょう。

そして、建具の決定・床材・壁紙・キッチン回り・・・・考えることは山積みです。考えることが多すぎて、スイッチ位置やコンセント位置を考える頃には、へとへとになっているパターンが多いです。

けれど、住んでみて改めて不便に気付くことが多いのは、スイッチやコンセントの位置です。計画の段階で十分に考えておけば避けられたでしょう。

ここでは、家のコンセント位置を決めるのに最低限知っておきたい知識をご紹介していきます。

コンセントを付ける位置はどこがいい?

コンセント位置を決めるには、まず綿密なシミュレーションをしましょう。そうすればおのずと必要なコンセント位置が見えてくるはずです。

そのシミュレーションをするにあたり、5つのポイントを挙げてみました。

①家具・家電を置いてみる

図面上で良いので、家具・家電を置くシミュレーションをしましょう。

例えば寝室です。ベッドを置く場所にコンセントがあると、そのコンセントは使いづらくなってしまいます。そしてそのベッドの対面にテレビを置いてみましょう。そしたらそのテレビの所にコンセントが欲しいですね。

このように家具・家電をどこに置くかシミュレーションをすることによりおのずとコンセント位置が決まります。

また、家電製品をシミュレーションする場合に忘れないでおきたいのが季節家電です。扇風機や加湿器など、使用する場所を決めてその場所にコンセントがあるとスマートな使い方ができますね。

②一日の生活を考える

一日の生活をシミュレーションしてみましょう。

間取りが大体決まったら、1日の生活を図面を見ながら具体的にシミュレーションしてみましょう。例えば、「朝起きる→洗面所に行く→ドライヤーをかける」

このように1日の生活を具体的にシミュレーションすることで、必要なコンセント位置が浮かんできます。

③掃除を考える

家具・家電を配置し、一日の生活を考えてコンセント位置を決めた後は、残りのコンセントについて残りのコンセントは家に満遍なく配置して行くのがポイントです。

満遍なくあると後々便利ですが、実はこのコンセントの決め方にもコツがあります。それは、掃除機のコンセントを差すなら何処がいいかシミュレーションしながらコンセント位置を考えましょう。

「掃除機のコンセントを差すならココにあるといいな」とシミュレーションながら配置してしていくと、自ずと家の隅々までコンセントが配置されて、コンセントをつけ忘れるというミスは減ります。

コードレスクリーナーを使用している方もいると思いますが、ここはコード付きの掃除機を想定してください。あくまでコンセントの配置を失敗しないための考え方なのです。そして、コードレスクリーナーを使っている人や将来使う予定のある方は、掃除機を収納する物入れの中にも充電用のコンセントを忘れないようにしましょう。

④インターネットやテレビ環境を考える

現代、インターネットを繋ぐ方法はいくつもあります。

このインターネットをどうするかでコンセントの必要な個数や位置が決まってくるでしょう。例えば、モデムを置く場所にはコンセントが必要ですし、LANの配線も必要になります。後で追加工事するのは大掛かりです。必要な配線はしっかりシミュレーションして確保しておきたいですね。

さらには各部屋にTVをつけるかどうかでも変わってきますし、アンテナでTVを見るのか、光テレビでTVを見るのかでも変わってきます。また、壁掛けTVにするのであればコンセント位置とさらに壁の補強も同時に必要です。

⑤屋外を考える

家の外にもコンセントは必要です。例えば、将来的に電気自動車やハイブリッド自動車を購入する予定なら、充電用のコンセントが必要ですし、庭をライトアップしたい・外でBBQをしたい・・・などの憧れのためにもコンセントは必要です。

特殊な用途でなくても、家の外にコンセントがあると便利ですので、屋外コンセントの設置はお勧めします。

コンセントを付ける位置、注意点とは?

コンセントを付ける位置、注意点
住宅会社や工務店が電気図面をつくってくれますし、多くの会社は配線を決める打合せもしてくれますが、場合によっては「こうした方が良い」といったプロの意見をうのみにし、図面の確認だけで終わってしまうなんて事もあります。

そうなると「実際に生活するようになってから後悔する」というのは目に見えてます。そうならない為に、図面の確認だけで終わらすことのないよう、綿密に打ち合わせを行いましょう。

このページのまとめ

まとめ女子コンセント位置で失敗しないようにするためには、じっくりとシミュレーションをすることです。そうすればおのずとコンセントが必要な場所が見えてくるはずです。

せっかくの注文住宅、コンセントの配線をしっかり考えて、後でコンセントで失敗したなんて事が起こらないようにしたいですね。素敵で快適な暮らしを目指しましょう!!

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.